ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?
【第11回】 2014年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
田中慎一 [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役],保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

税理士から見た「良い会社」「悪い会社」
税理士・石本忠次氏(2)

1
nextpage

経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫るシリーズ4人目のゲストとして、税理士の石本忠次氏に、さまざまな会社に助言を行なう立場からの、経営者、CFO・経理部長の理想像についてお聞きします。石本氏は、税理士の資格を取得後、大手会計事務所での国際税務やM&A業務、ベンチャー企業のCFO、投資会社でのベンチャー投資業務など、会社の内側と外側の両方にかかわる実務を幅広く経験されています。現在は自身の会計事務所を経営しながら、複数のベンチャー企業の監査役も務めており、ベンチャー企業の事情についても興味深いお話を聞くことができました。

未上場企業の財務分析なんて意味がない!?

保田 ところで、上場企業や上場を目指す企業と、未上場企業で財務戦略や気にすべき財務指標は異なりますか?

石本忠次(いしもと ただつぐ)昭和48年生まれ。税理士。大学卒業後(株)KPMGピートマーウィック入社後、国際税務業務やM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、ベンチャーキャピタルにて国内投資部及び審査部勤務後、医療画像ベンチャー企業のCFOとして経営企画・資金調達を経験し、2001年にブティック型会計事務所のメンターキャピタル税務事務所を開業。その後も、非常勤にて三井物産戦略研究所の客員研究員や上場及び非上場のベンチャー企業の社外役員を歴任。その経験を基に、スタートアップ企業から上場企業まで幅広い企業ステージにおけるメンターとして活躍中。

石本 未上場会社には、財務戦略や財務分析と呼べるものって、ほとんどないのかなぁと思っています。上場会社は一定のルールに基づいて決算書を作っているから同業他社と比較できるし、利益の正確性にも一定の担保がされています。ところが、未上場会社の場合は役員報酬を払っているから利益が出ていないだけで、役員報酬を減らしたら利益がたくさん出ますという会社もあります。だから、利益指標なんて出してもほとんど意味がありません。

田中 逆に銀行に良い決算書を見せるために減価償却の計上をやめました、なんてケースもありますよね。減価償却をやめて利益を出しても税金を収めてもらう立場の税務署は全然怒りませんから。中小企業の財務分析を云々してみても、あまり意味がないということですね。

石本 それから、未上場の会社は、管理部門が手薄ですから月次決算ができません。税理士に記帳代行をお願いして、1ヵ月以上たってから月次決算書が出てきました、と持ってこられても経営者は「うーん」となります。

田中 それだと経営陣の意思決定に使えませんね。

石本 あと、未上場と上場の財務戦略の違いというと、資金調達方法に現れます。原則として、未上場の場合は銀行からの借入しか道はありません。上場企業になればマーケットからエクイティ・ファイナンスで調達できます。

保田 債権者である銀行と株主は、見ている財務指標がまったく違いますね。

石本 配当を受ける株主にとってみれば、利益は多ければ多いほど、成長率は高ければ高いほどいい。だから利益率と成長率にまずこだわりますよね。一方、銀行は利益をたくさん出そうが、成長率が高かろうが約定利息以上のものを受け取ることはできませんから、融資期間内に約定金利を含めた元利払いがきちんとできるかどうか、インタレストカバレッジレシオを中心とした、安全度が最大の関心事ですね。

保田 銀行は融資先の成長率よりも安定成長が重要で、株主に配当しようとしたら、「それは内部留保しておきなさい」と株主とはまったく逆のことを主張したりするケースもありますよね。我々が働いていた証券会社でもエクイティで調達する部隊とデットで調達する部隊はまったく違うことを考えています。ある会社が大型買収を発表するとエクイティやM&Aの部隊はワーッと喜びますが、デットの部隊はその会社の社債が格下げされる(大型買収することによって財務内容が悪くなるから)ことを心配して、「余計なことをしないでよ」という発想になります。

石本 そうですね(笑)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

田中慎一(たなか・しんいち) [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役]

1972年生まれ。大学卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券などを経て独立。監査法人で上場企業の会計監査、IPO支援やデューデリジェンス業務、証券会社の投資銀行部門ではM&A、事業再生、資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、財務戦略に関するコンサルティングサービスを提供するほか、ベンチャー企業・中小オーナー企業の社外役員を務める。著書に『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』『あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座 』(いずれもダイヤモンド社)などがある。趣味は料理とトライアスロン。

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?

会計やファイナンスに関する知識の重要性は多くの人が主張しており、ここで改めて言うまでもありません。しかし、社長やCEO、CFOになるまでの人は、実際にどのように会計やファイナンスを使っているのか、あるいは勉強をしてきたのかは意外と知られていないものです。この連載では一般社員がなかなか知ることのない、経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫ります。

「「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?」

⇒バックナンバー一覧