ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?
【第9回】 2014年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
田中慎一 [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役],保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

第3話 CEOはどのように意思決定すべきか

1
nextpage

不振に喘いでいたゲーム会社・アトラスの再建に、化粧品のザ・ボディショップやコーヒーチェーンのスターバックスの事業拡大。いずれもCEOとして輝かしい実績を残してきた岩田松雄氏。同氏は現在、本の執筆や全国各地での講演活動を通じて、リーダーや経営者の育成を目的として、ミッションを持つことやリーダーシップの重要性を説いている。このような同氏のテーマは「論語と算盤」でいうところの「論語」といえるだろう。今回のインタビューでは、同氏が普段語ることの少ない「算盤」の部分にフォーカスし、CEOとして数々の実績を残すプロの経営者が、いかに会計とファイナンスのスキルを身に付け、どのように現場で活用しているのか、その秘密に迫った。

矛盾した課題に答えを出すのがCEOの仕事

岩田松雄(いわた まつお)
1958年生まれ。 大阪大学経済学部卒業後、日産自動車株式会社に入社。生産、品質、購買、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験し、UCLAアンダーソンスクールに留学。その後、外資系コンサルティング会社ジェミニ・コンサルティング・ジャパン、日本コカ・コーラ株式会社役員を経て、ゲーム会社の株式会社アトラスの代表取締役社長として、三期連続赤字企業をターンアラウンド。株式会社タカラ常務取締役を経て株式会社イオンフォレスト(ザ・ボディショップ)の代表取締役社長に就任。店舗数を107店舗から175店舗に拡大、売り上げを67億円から約140億円に拡大させる。その後、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社のCEOとして「100年後も光り輝くブランド」を掲げ、業績を右肩上がりに成長させる。2010年度には過去最高売り上げ1016億円を達成。それらの実績が認められ、UCLAビジネススクールより全卒業生3万7000人から、「100 Inspirational Alumni」(日本人でわずか4名)に選出される。現在はリーダシップコンサルテイング代表として、真のリーダーや経営者の育成に邁進中。著書に『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(サンマーク出版)、『スターバックスCEOだった私が伝えたいこれからの経営に必要な41のこと』(中経出版)などがある。

田中 これまで経営者を託された会社で、実は資金繰りで苦しんだことはないとのことでした。私がコンサルティングを受ける案件では、資金繰りが本当に苦しいというケースもあります。岩田さんのご著書の中で、「利益は目的ではなく手段」というお話がありました。これは私もまったく同感なんですね。ただ、すごく難しいなぁと感じるのは、それこそキャッシュがあと半年や1年で尽きるというような典型的な事業再生の場合だと、手っ取り早く利益を稼がないといけないし、利益を生まないことにはミッションを実現するも何もその後が始まらないといった事情もあります。

岩田 企業はゴーイングコンサーンが何よりの大前提です。企業は生き残り続ける存在でなければ、いくら良いことをやろうと思ってもダメなのです。CSRをどうするか、今日や明日の目先の利益をどうするか、長期の利益追求と短期の利益追求のバランスをどう取るのか、といった議論はよく聞かれます。でも、そういう相矛盾した経営課題に対して答えを出していくのが経営者の仕事です。だから、今日、明日どうやって乗り切ろうかという状態の会社で理念をどうしようかなんて、そんなことは言っていられません。

田中 ミッションを実現するという目的のためにも短期的にはとにかく稼ごう、ということですよね?

岩田 とにかく、キャッシュをどうやってつくるか、という策が必要です。ある程度余裕が出てきた後、社員を動かすときにようやく理念が大事になってくるわけです。ビジョナリーカンパニーの経営者というのは、AかBかという選択なんてすることはありません。AかBかの選択であれば、べつに経営者はいらなくて、みんなそろって多数決で決めればいいだけの話しです。相矛盾することに対して、どのように折り合いをつけるかが経営者には問われています。もちろん、いくら会社が明日つぶれるかもしれないといっても倫理にもとるようなことをやってはいけません。それは当たり前のことです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

田中慎一(たなか・しんいち) [企業財務コンサルタント/株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役]

1972年生まれ。大学卒業後、監査法人太田昭和センチュリー(現あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券などを経て独立。監査法人で上場企業の会計監査、IPO支援やデューデリジェンス業務、証券会社の投資銀行部門ではM&A、事業再生、資金調達に関するアドバイザリーサービスに従事。現在は、財務戦略に関するコンサルティングサービスを提供するほか、ベンチャー企業・中小オーナー企業の社外役員を務める。著書に『M&A時代 企業価値のホントの考え方』『投資事業組合とは何か』『あわせて学ぶ 会計&ファイナンス入門講座 』(いずれもダイヤモンド社)などがある。趣味は料理とトライアスロン。

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?

会計やファイナンスに関する知識の重要性は多くの人が主張しており、ここで改めて言うまでもありません。しかし、社長やCEO、CFOになるまでの人は、実際にどのように会計やファイナンスを使っているのか、あるいは勉強をしてきたのかは意外と知られていないものです。この連載では一般社員がなかなか知ることのない、経営者と会計&ファイナンスの関係性に迫ります。

「「会計&ファイナンス」 一流の経営者はどう使う?」

⇒バックナンバー一覧