ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

ららぽーとTOKYO-BAYは、
なぜここまでのリニューアルに取り組むのか?

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第15回】 2014年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

いま、湾岸の商業施設がますます熱くなっています。主役は「ららぽーとTOKYO-BAY」と、本連載第14回でも取り上げた「イオンモール幕張新都心」。今回は、イオンモールオープンに先立ってリニューアルを進めてきた「ららぽーとTOKYO-BAY」を取り上げます。

 「イオンモール幕張新都心」は、2013年12月のオープン以来、連日来店客で賑わっています。なぜイオングループは、海浜幕張駅近くに日本でもトップクラスの規模を持つSC(ショッピングセンター)を開発したのでしょうか。

 イオングループ本社があることが理由のひとつではありますが、もうひとつの理由は、毎年2000万人以上の来店客で賑わってきた「ららぽーとTOKYO-BAY」が半径5キロ圏内にあるからです。

ららぽーとTOKYO-BAY

 ららぽーとは13年11月に第1弾リニューアルオープンをしました。そして、14年3~5月にかけては第2弾リニューアルオープン中です。

 駅をひとつはさんだ湾岸地区にみられる、巨大SC同士の隣接競合。しかし、その店舗戦略には明確な違いがあるのです。今回は、ららぽーとのリニューアルを通じて両者の戦略の違いや、大型SC開発の実状に迫ります。

好調が続くイオン幕張新都心と
ららぽーと TOKYO-BAY

 まず、「イオンモール幕張新都心」についておさらいしましょう。

 4棟のライフスタイルモールで構成されたており、敷地面積としては国内トップクラスの約19万2000m2を誇る大型商業施設です。13年12月のグランドオープン時には約7000人の行列ができ、直後の3連休には約45万人が来場しました。今でも週末は10万人を超える来店客があることから、都心型百貨店の入店客数をも上回る商業施設として認知され始めたと言えます(参照:「岩崎剛幸、新店ウォッチ!! 第14回」)。

 一方、「ららぽーとTOKYO-BAY」は西館を建て替え、13年11月末にグランドオープン。旧称「ららぽーと船橋ショッピングセンター」は、ダイエー・そごう・専門店街で成り立つ2核1モールで、日本における本格的な大規模SCの先駆けとして1981年に誕生しました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

リニューアル店舗、新店、新業態などの新しい商業施設に、街歩き・店歩き歴21年の岩崎剛幸・船井総合研究所上席コンサルタントが取材して、レポートする。岩崎氏はファッション業界や百貨店業界を専門分野にしており、鋭い視点が持ち味。商圏に与える影響や店としてのオモシロさ、新しさ、消費市場の流行のタネなどを探していく。

「岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」」

⇒バックナンバー一覧