ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

「実務で役立つか」ではなく「理論的に正しい」としか主張しない「会計アカデミズム」の偽善

高田直芳 [公認会計士]
【第130回】 2014年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 テレビ番組はスポーツものを除き、いったん録画して翌日以降に再生して視聴することにしている。CMをスキップできるからだ。ただし、世間知に疎(うと)くなるといけないので、CMについては早送りすることが多いのだが。

 2014年3月に放映された、コカ・コーラとペプシの比較CMには、さすがに驚いた。日本の飲料メーカーや食品メーカーでは、同じCMは制作できないだろうなと。

 筆者は天邪鬼なので、あのCMを見てからは何となく、コカ・コーラ「ゼロ」を買ってしまっている。少なくとも筆者には、逆効果になったようだ。

 この性格は、本連載を担当するようになってから、磨きがかかるようになってきた。「磨きがかかる」は、どちらかというと良い意味なのだろうが。

 一度、好奇心を抱いてしまうと、「何故なのだろう」「それは違うのではないか」と探求する気持ちが押さえられなくなる。

 先日、『クルーグマン・ミクロ経済学』197ページにある「落とし穴」を読んでいて、天邪鬼の性格が頭をもたげてしまった。「総費用は常に増加するので限界費用も増加するという誤った結論に至りやすいからだ」と記述され、「総費用と限界費用の動きは逆にもなりうる」と記述されていた。

 それを読んで「う~ん」と腕組みをしてしまったのである。

 総費用は常に増加するが、限界費用は増加(正確には「逓増」)することもあれば、減少(正確には「逓減」)することもあることを、クルーグマン教授は指摘しているわけだ。

 ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン教授の著作に対して、異議を唱えるのは恐れ多い。しかし、筆者のような実務家の立場からすれば、クルーグマン教授の説明には合点がいかない。

 これは天邪鬼かどうかの問題ではない。米国の企業がどうなのかは知らないが、少なくとも日本の上場企業の有価証券報告書に基づいて「実証」してみると、経済学者が説く「理論」は現実を無視した観念的空想論であることがわかる。以下、それを証明してみよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧