ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グラフで分析!総選挙を「見える化」する

前回の政権交代を振り返り、
新政権安定のポイントを考えると

フィルモア・アドバイザリー
【第1回】 2009年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自民、都議会選挙で歴史的大敗
政権交代へ民主は勢い加速へ

 7月12日投開票のあった都議会議員選挙(以下、都議選)。結果は、自民党が44年ぶりに都議会第1党から転落、都議会与党の公明党と合わせても過半数割れとなるなど、同党の歴史的大敗を喫しました。下のグラフで、今回の都議選前後(右下のボタンで「1」が選挙後、「2」が選挙前です)の議席数を比べてみると、その大敗ぶりは明らかです。政局は益々混迷の度を深める中、麻生内閣は、7月21日に衆議院解散、8月30日の総選挙を目指して、動き始めたようです。

 ここ数週間、折に触れて「国政選挙と都議選は別物」という話を耳にしますが、本当にそうなのでしょうか? 実は、過去の選挙結果を見てみると、都議選で勝利した政党は、その直後の国政選挙でも大きく表を伸ばしています。

 例えば、1989年、社会党圧勝となった参院選直前の都議選では、同党が改選前比約3倍の36議席獲得へと躍進を遂げました。さらに、1993年、細川内閣誕生に繋がった衆院選直前の都議選においては、日本新党が新党にも関わらず20議席を獲得して、都議会第3党に一気に躍り出ています。

 この歴史を振り返ると、都議選の大敗を引きずる自民党は、今度の衆院選でもかなりの苦戦を強いられることは明白です。民主党主導の政権交代が、かなり現実味を帯びてきたと言えるでしょう。

過去の自民大敗、
政権交代を振り返る

 さて、戦後初めての、二大政党による政権交代が実現したとして、果たして新政権の未来は明るいのでしょうか。1989年「ねじれ国会」に繋がった参院選と、1993年「細川内閣誕生」を生んだ衆院選を振り返りながら、今後の注目点を探りたいと思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


グラフで分析!総選挙を「見える化」する

いよいよ8月末に迫った総選挙。実は候補者個々の発言も、政党マニフェストの内容も、データとグラフを用いることで、より簡潔かつ的確に理解し、考えを深めることが可能になる。独立系リサーチ会社フィルモア・アドバイザリーが、数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」を用いて、今回の争点となる政治、経済のトピックについて、グラフと共に「見える化」する。

「グラフで分析!総選挙を「見える化」する」

⇒バックナンバー一覧