ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シリコンバレーで考える 安藤茂彌

初心を忘れたトヨタに米消費者は不信を募らせている

ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー編集部
【第28回】 2010年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昨年8月28日にカリフォルニア州サンディエゴで恐ろしい事件が起きた。ハイウェイパトロール隊員であるMark Saylorさんは、休日にレクサスES350に家族を乗せてハイウェイ125号線を運転していた。レクサスは突然加速を始め、ハイウェイの終点でも止まらず、その先のT字路でフォード車と接触した。それでも止まらずにT字路を突っ切って川の堤防を駆け上がり、水のない川底で炎上した。家族4人全員が死亡した。

 レクサスは時速160キロで走っていたと推測され、同乗していた妻が死の直前に携帯から911(日本の110に相当)に通報し、原因不明の暴走の状況を伝えていた。録音された通報はテレビ番組で報道され、多くの視聴者が車内のパニック状況を生々しく聞いた。米運輸省高速道路安全局が事後調査を行ったが、証拠物件が焼けただれており原因不明と結論付けた。

 昨年12月21日にはメリーランド州エルクリッジ市で別の事件が起きた。2009年型トヨタ・カムリを運転していた女性が、ショッピングセンターの駐車場で空きスペースを見つけて駐車しようとした。ブレーキを軽く踏んでいたときに、いきなりカムリが動きだし猛烈に加速し始めた。女性は思いっきりブレーキを踏みこんだが、それでも止まらず、縁石を飛び越えてヘアーサロンに突っ込んでようやく止まった。

 ヘアーサロンは腰ぐらいの高さのレンガの壁に囲まれていたが、それも打ち破ってサロンの玄関から突っ込んでいった。路面にはタイヤの跡が黒く残り、タイヤの焦げる匂いがした。1-2か月前にトヨタのディーラーから運転席のフロアマットがアクセルペダルを押し込む可能性をある旨の書面が届いていたので、フロアマットは後ろのトランクの中にしまってあった。女性はフロアマットが突然加速の原因とは考えられないとしている。

原因の特定と対策が
チグハグという疑問

 トヨタ車が突然暴走する事件は1999年から今年1月19日までに2262件報告されている。これによる衝突事故は819件で、ケガ人は341人、死亡者は26人に上っている。車種別にみるとカムリが131件とダントツに高く、レクサスESモデルが48件とこれに続き、タコマ31件、シエナ20件の順となっている。(安全性を専門分野とする調査会社Safety Research & Strategies社の調査:Toyota Sudden Unintended Acceleration 2010年2月5日)

 米運輸省高速道路安全局は2003年に、上記4車種で起きた車両暴走事件8件を詳細に調べたが、5件は原因不明、3件はゴムで作った分厚いフロアマットが原因と結論付けた。フロアマットを固定しておかないと、位置がずれてアクセルペダルに絡みつき、加速してしまうというのである。トヨタは調査結果に基づき小規模なリコールを行った。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー編集部


シリコンバレーで考える 安藤茂彌

シリコンバレーで日本企業向けに米国ハイテクベンチャー情報を提供するビジネスを行なう日々の中で、「日本の変革」「アメリカ文化」など幅広いテーマについて考察する。

「シリコンバレーで考える 安藤茂彌」

⇒バックナンバー一覧