ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

周りは働き始めたのに自分は内定もない
新入社員特集が追い討ちをかける“無職ブルー”

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第10回】 2014年5月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 キャリアプロデューサーの櫻井樹吏です。本日も必要な方に、この連載が届けばと思いながら書かせていただきます。

 さて、この記事が公開されるのは5月28日です。少しずつ梅雨も近づいてきている頃でしょうか。

 5月といえば、「5月病」と呼ばれているものがあります。

 一種の「適応障害」として分類されているという解説が主流のようですが、新入社員の場合であれば入社してから緊張と怒涛の4月を終え、心身ともに疲弊した状態でゴールデンウィーク突入となります。多少は無理をしながらも頑張った末の連休となると、休暇明けは当然会社へ行きたくもなくなります。もちろん私自身も経験している事ですが、きっと多くの方が同じ経験をされているのではないでしょうか。

 しかし、こうした現象は、以前にお伝えした(第8回参照)「キャリアショック」により引き起こされる場合もあります。そこでは、自分のイメージしていた職場と現実の間に大きなギャップが生じ、そのギャップにより早期で退職してしまう若者がいるという話をしたかと思います。やはり連休というのは嬉しいものである反面、実はキャリアショックを深刻にしてしまう恐ろしい面も持っているようです。

 ともあれ、この記事をお読みいただいている時点で変わらず出社されているのであれば、大丈夫かと思います。多くの方は、また環境に適応していき自然回復しているはずです。新入社員のいわば試練とも言える時期なのかもしれませんね。

自分だけが内定を貰えていない“無職ブルー”

 さて、前述のように「5月病」などで悩んでいた方もいらっしゃったかもしれませんが、実はもっと深刻な悩みを持つ方々がいます。

 それは、現時点でまだ就職が決まらず働けていない方です。

 友人を含め周りは働き始めているのに、自分だけその波に乗れていない。これはある意味、5月病よりもずっとストレスのかかる状態かもしれません。テレビを見ると、新入社員特集やアベノミクスによる給与変動の話や景気の話。そもそもその土俵にすら立てていない事が一番のストレスではないでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧