ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】川崎重工業
4期連続営業赤字から急展開
新興国を快走する大型バイク

週刊ダイヤモンド編集部
2014年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2013年度の連結決算では、対前期比で営業利益が7倍というV字回復を果たした川崎重工のバイク部門、モーターサイクル&エンジンカンパニー。08年のリーマンショックの直後には、4期連続で営業損失を出したが、いかにして復活したのか。(「週刊ダイヤモンド」編集部 池冨 仁)

 下を向いて口を開けているゾウのような形をしたタイのちょうど口元の辺りに、首都バンコクがある。世界一といわれる名物の交通渋滞では、自動車の隙間を縫って走るモペッド(ペダル付きで自転車にもなるバイク)や、スクーターの大群が途切れることがない。

 色とりどりの流線形のデザインのバイクが走るバンコクから南東へ約110キロメートル向かった先にあるシラチャ市。タイで最大の貿易港で、物流の一大拠点となっているレムチャバン港を中心にして外側へ広がるように外国の自動車メーカーや部品メーカーが入る大規模工業団地が開発されている。

 その一角に、川崎重工業のタイ工場(KMT)がある。1997年に発足したKMTは、世界戦略車「Ninja 250」シリーズなどの中・大型バイクを製造するばかりではなく、ユニット単位の部品も製造して海外の約10拠点に出荷・供給する輸出基地の役割も担う。

出荷を待つ世界戦略車「Ninja 250」。タイ工場で、先進国モデルを作る(右)。タイ工場では「Z800」など重量級の大型バイクの製造も引き受けている(左)
Photo by Hitoshi Iketomi

 生産されたバイクは、ほとんどが欧州、米国、日本などの先進国に輸出されるが、一部はタイ国内と近隣諸国に向けて出荷される。KMTでは、「Ninja 250」などに加えて、2012年には重量級の「Z800」をマザー工場である明石工場(兵庫県)から移管された。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧