HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

うつから復帰しても、なぜ再び休職してしまうのか?

~ 専門家は語る(MDAジャパン理事 山口律子氏)【後編】 ~

西川敦子 [フリーライター]
【第22回】

 A係長はもやもやとした気分を抱えている。半年間うつで休職していた部下、Bくんが先月、職場に復帰したのだが、再び会社に来なくなってしまったのだ。

 これはまったく予想外の展開だった。なぜなら事前の面談では、同席した主治医が「お元気になられましたよ」と太鼓判を押してくれたからだ。それでは、と以前のように仕事を任せたところ、いっこうに作業がはかどらない様子。おまけに大きなミスも続出した。そうこうするうちに、「すみませんが、調子が悪いのでまたしばらく休ませていただきます」というBくんからの電話が入ったのだ。

 A係長の立場はますます苦しいものになった。部下のひとり、C子さんからは、「これ以上、Bくんの代わりはできません!私がうつになりそうです!」と責められ、課長からは「君がプレッシャーをかけたんじゃないの?」と白い目で見られ――。いまや「うつを呼ぶ男」と呼ばれるようになったA係長は、心の中で悲痛な叫びをあげていた。

 「悪いのは俺じゃない!頼むから、戻るなら完全に治してから戻ってきてくれよ!」

誤解渦巻く
復帰後の職場

 なぜこんなことが起こってしまうのか?「『会社力』がうつから救う!」の著者で、MDA(うつ・気分障害協会)の理事、山口律子氏に聞いた。

 「A係長のようなケースは、けっしてめずらしくありません。うつ休職者のうちの多くが、うまく復職することができず、何度も再発や休職を繰り返しているのです」

 悲劇の原因は、職場のうつを取り巻くさまざまな誤解にある、と山口氏。さて、その誤解とは……?

■誤解その1:症状さえおさまれば仕事はできる?

 「 復職可”という主治医の診断は、けっして鵜呑みにできません。多くの場合、ここで主治医が言っているのは、あくまで『症状が治まった』というだけのこと。『社会復帰し、以前のように職業能力を発揮できるようになった』ということではないのです」

■誤解その2:会社では8時間労働すればいい?

 「主治医が『簡単な作業をするだけなら、8時間労働に耐えられる』などと、お墨付きを出すケースがよく見られますが、これも間違い。実際には、きっかり8時間勤務という正社員は少ない。8時間プラス2時間の残業、そして往復の通勤時間の約2時間。合計12時間の拘束時間に週5日耐えねばならない、というのが今の多くのビジネスマンの現実ではないでしょうか」

1 2 3 >>
このページの上へ

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

うつをきっかけに、生き方や働き方を見つめ直した人々にフォーカス!うつに負けない、うつを乗り越えるための知恵と活力を探っていく。

「『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー」

⇒バックナンバー一覧