HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

うつだけど病院に行かない…「放置うつ」の真実

西川敦子 [フリーライター]
【最終回】

 「そりゃまあ、うつかもしれないけど、今、会社を休んで病院に行けるわけがないよ」

 出版社に勤める知人のAさん(38歳)は、ぼそっとつぶやいた。

 いつでも忙しそうなAさん。メールが届くのはたいてい真夜中だし、週末も仕事をしているらしく、よく勤務先からファクスが送られてくる。あきらかに睡眠不足らしく、会うとたいてい目が真っ赤だ。

 最近では、何をするにもおっくうで、気持ちがふさぎ、ときどきわけもなく悲しくなってくるという。とくに午前中はだるさがひどく、這うようにして会社には出てくるものの、ほとんどゾンビと化しているそうだ。

 「なんでも、2週間以上そういう状態が続いていると、うつの可能性が高いんでしょう? 病院に行かなきゃいけないんだろうけど、今、仕事を休めるわけがないしね。うちは小さな会社だし、人手が足りないから」

10人中9人が
「受診しない」という現実

 うつらしき症状が2週間以上続いていても、「専門科を受診しない」という人は、10人中9人いる――

 こんなショッキングな事実が研究の結果、明らかになっている。調査を行なった真生会富山病院心療内科の山藤菜穂子氏に詳しい話を聞いた。

 「平成14年度厚生労働科学研究費による疫学調査では、うつ病経験者の4分の1しか受診していないことがわかっています。そこで我々は2004~2005年、621名の会社員を対象に調査を行ないました。その結果、症状が2週間続いた場合に専門科を受診するか、と尋ねたところ、『はい』と答えた人は8.3%。残りの91.3%が『いいえ』と回答しています。また、うつの可能性が高い高うつ群でも、専門科を受診するという人は、60人中、たった5人でした」

1 2 3 4 5 >>
このページの上へ

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー

うつをきっかけに、生き方や働き方を見つめ直した人々にフォーカス!うつに負けない、うつを乗り越えるための知恵と活力を探っていく。

「『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー」

⇒バックナンバー一覧