ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

中国にも「一人ひとりの個性」重視の時代到来
時代の変化は日本の教育産業にチャンスをもたらすか

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第153回】 2014年6月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
大事そうに抱くぬいぐるみは…… Photo by Konatsu Himeda

 上海の地下鉄2号線の人民広場の駅で、中国人のお母さんがベビーカーを押して車内に入ってきた。見ると、2歳ぐらいの子どもが大事そうにぬいぐるみを抱いている。相当お気に入りの様子だ。そのぬいぐるみをよく見るとそれはあの「しまじろう」だった。

 「しまじろう」といえば、幼児教育の教材「こどもちゃれんじ」に使われているトラの子どものキャラクター。日本ではこの「しまじろう」とともに幼児期を過ごした子どもたちは少なくないが、その「しまじろう」が、ここ上海でも人気キャラクターになっているのだ。

 昨今、大手の塾など日本の教育産業が中国に進出している。通信教育最大手の(株)ベネッセコーポレーションが手掛ける幼児向け講座の「こどもちゃれんじ」は、2006年から中国でスタートした。中国でも家庭学習の教材として、この「こどもちゃれんじ」(中国語名は「楽智小天地」)が毎月定期的に宅配されているのだ。

 コンテンツも日本版「こどもちゃれんじ」と共通する部分があり、「友達と仲良くしよう」「自分のことは自分でしよう」など、日々の生活習慣の向上や、家庭内でのしつけを促している。

 その一方で、絵本の中で「しまじろう」が食べているのは「エビフライ」ではなく「火鍋」だったり、「しまじろう」を啓発するのは中国古典に由来する故事成語だったり、あるいは家庭でのお手伝いは「ギョーザづくり」だったりと、すっかり現地化された部分もある。

 利用者の間でも、「毎月届く教材は子どもの成長のためになる内容が盛り込まれている」(医療機関勤務)、「子どもが率先してやりたがる題材が多く、好奇心や創造力を養うことができた」(金融機関勤務)と好評だ。ネットとコールセンター、そして物流を組み合わせた訴求で、すでにその会員は中国全土で60万人に達した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧