ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実
【第2回】 2014年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
並木裕太

コンサルタントが売っているのは
改革者への“エネルギー”だ
【第2回】火浦俊彦さん(ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン 会長兼パートナー)

1
nextpage

経営者を陰で支える“黒子”であるがゆえ、真の実態が見えにくいコンサルティング業界。その現状と課題に迫る対談連載の第2回は、世界第3位の規模を誇るコンサルティング・ファーム、ベイン・アンド・カンパニー日本法人の会長兼パートナーである火浦俊彦氏に話を聞いた。ベインが志向する新たなコンサルティングに隠されたヒントとは。そして、これからの日本社会でコンサルタントたちが果たすべき役割とは――? (構成:日比野恭三)

並木 火浦さんは1986年に、日本興業銀行からコンサルタントへ転じられました。まずはその経緯からお聞かせいただけますか?

火浦俊彦(ひうら・としひこ)
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン 会長 兼 パートナー
東京大学教養学部教養学科卒業、ハーバード大学経営大学院修士課程(MBA)修了。日本興業銀行を経てベインに参画。25年以上にわたり、消費財、流通、自動車、金融、不動産、建設、ヘルスケア、エレクトロニクス、投資ファンド等、幅広い業種で、日米欧の企業に対するコンサルティング活動に携わる。大規模な企業変革に対し、クライアントと共にチームを編成し長期間関与するケースが多い。直近では企業のM&Aに数多く関係し、企業の統合支援にも深く関与している。主な著書に『リピータビリティ』(翻訳、プレジデント社)がある。

火浦 きっかけは、大前研一さんの著書を読んだことでしたね。『大前研一の新・国富論』(講談社、1986年)という本で、コンサルティングって面白そうな仕事だなと感じました。ちょうどその頃、商社からベインに転職した友人がいて、彼からコンサルタントとは何かという話を聞くうちに興味が増してきたんです。どこか神秘的な雰囲気のある職業でしたし、お会いしたベインの人たちから聞いたDedicated Focus(クライアントに対して献身を貫く)という言葉も新鮮だった。それでインスピレーションを得て、3年間勤めた興銀を辞めてコンサルティングの世界に飛び込んだわけです。

並木 実際にコンサルタントとして働き始めて、どのようなことをお感じになりましたか? また、業界の構造的な問題やフラストレーションを感じたことは……?

火浦 当時はようやく日本の企業がコンサルティングというサービスを使い始めた時期でしたから、企業の側もコンサルタントの側も一緒に仕事をするという経験が乏しく、お互いに手探りの状態でした。私がラッキーだったのは、数多くのプロジェクトをこなしていくというより、特定のクライアントと長く深く付き合う形で仕事ができたこと。その中で日々頭をひねりながら、コンサルティングという仕事を学ぶことができたんです。もちろんクライアント・ワークは大変でしたけど、心地よい大変さでしたね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


並木裕太 

 

フィールドマネージメント代表取締役。1977年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ペンシルヴェニア大学ウォートン校でMBA取得。2000年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。09年にフィールドマネージメントを設立、現任。日本航空をはじめ、ソニー、楽天といった日本を代表する企業の経営コンサルティングを務める。著書に『ミッションからはじめよう!』『日本プロ野球改造論』『ぼくらの新・国富論』(いずれもディスカヴァー・トゥエンティワン)。

 


コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実

戦略系コンサルティング・ファームは、世界中の大企業や政府・公共機関の戦略立案に深く関与し、多大な影響力を行使する頭脳集団です。しかし、その仕事の実態や正しい活用法に関する理解はまだまだ浸透していないというのが実情でしょう。本連載では、ファームのトップ、そしてコンサルを活用する企業経営者双方の声に耳を傾け、業界の現状と正しい活用法を探っていきます。

「コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実」

⇒バックナンバー一覧