ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

脱GMSでダイエー再建の裏で
イオンが描く首都圏攻略の成否

週刊ダイヤモンド編集部
2014年6月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「イオンとダイエーは重複する領域がかなり多く、抜本的な整理が必要だ」

 5月28日、イオンの岡田元也社長は株主総会の席上、ダイエーの再建計画について明らかにした。昨年8月にイオンがダイエーを子会社化して9カ月。6期連続の最終赤字が続くダイエーの再建に、イオンがようやく重い腰を上げる。

赤字続きのダイエーは今後、総合スーパーをやめ、食品事業に特化することで再建を目指す
Photo by Toshiaki Usami

 ダイエー再建策の柱は二つ。まずはエリアの集中だ。

 店舗の9割がある首都圏と京阪神に経営資源を集中。北海道や九州の店舗については、グループ他社との統合を視野に入れる。

 さらに事業の集中も図る構え。かつて総合スーパー(GMS)の“雄”だったダイエーも、いまや売上高の7割が食品事業。そこで、脱GMSを図り、“食品スーパー”へ業態転換する方針だ。

 「ダイエーは食に特化し、首都圏と京阪神におけるナンバーワンの“総合食品小売業”を目指す」(岡田社長)というわけだ。

 実は、こうしたダイエー再建策の裏に、イオンが経営方針の一つとして掲げる「大都市シフト」戦略がある。

 首都圏ではコンビニエンスストアやドラッグストアなど、異業種との競争が熾烈になっている。また、消費者の価格志向に応えるためにはプライベートブランド(PB)商品の開発などが必須だが、それも体力勝負となっている。

 そこでイオンは、首都圏でドミナント戦略を進め、物流などの効率化を図る一方、PB「トップバリュ」の売り上げ拡大を図りたいとの狙いがあるのだ。

次のページ>> グループ集約が課題
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧