ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2020年東京オリンピック狂騒曲

人・場所・資金不足に悩まされる障害者スポーツ
無意識につくられる“壁”解消が最大の課題

仲野博文 [ジャーナリスト]
【第9回】 2014年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回の連載ではスポーツの普及にスポットを当てたが、今回は障害者スポーツにおける普及活動の課題について紹介したい。スポーツをする場所も限られ、指導者を含めたスタッフの数や運営資金も決して豊富ではない各障害者スポーツ競技団体は、どのようにして競技の普及を行っていけばよいのだろうか。日本障害者スポーツ協会の会長として障害者スポーツ普及のためのビジョンを昨年打ち出した、鳥原光憲・東京ガス取締役相談役に今後の展望を聞いた。

「違いを包み込める社会に
することが最大のレガシー」

とりはら・みつのり
1943年3月生まれ。東京ガス取締役相談役。公益財団法人日本障がい者スポーツ協会会長。日本パラリンピック委員会委員長。67年4月東京ガス入社。 96年6月原料部長。98年6月取締役原料部長。2000年6月常務取締役。02年6月取締役常務執行役員企画本部長。03年6月代表取締役副社長執行役 員企画本部長。04年4月代表取締役副社長執行役員コーポレート・コミュニケーション本部長。06年4月代表取締役社長執行役員。10年4月取締役会長。 14年4月取締役相談役に就任。 Photo:DOL

――2020年東京五輪で残すことのできる、または残すべきレガシーとはどういったものなのでしょうか。

 一言でいえば、インクルーシブ(注:どんな人でも受け入れられる)な社会にすることが一番の目標だ。パラリンピックを契機にしてインクルーシブな社会を作りあげることが最大のレガシーになると考えている。さまざまな「違い」を包み込めるような社会にしていきたい。

 パラリンピック競技にはスポーツとしての魅力も当然存在する。ヨーロッパではエリートスポーツとしての魅力にも注目が集まっている。例を挙げると、陸上男子100メートルの世界記録は10秒57で、健常者と変わらない記録が誕生している。

 5人制サッカーのブラインドサッカーでは、選手は目が見えない状態にもかかわらず素晴らしいパスを何本も通したり、美しいゴールを決めることが珍しくない。車いすバスケットボールの試合では、選手同士の激しいぶつかり合いも競技の醍醐味の1つになっている。それぞれの競技にスポーツとしての魅力がたくさん存在している。

 そういったスポーツを観戦することで、障害を持つアスリートが壁を乗り越えて、自らの持つ能力を最大限に活かして活躍する姿に感銘し、障害者も健常者も関係なくパワーや勇気をもらっているのだと思う。また、スポーツ活動を通じて障害者に対する関心や理解が高まり、結果として「障害」に対する認識が変化していくのだ。そういった観点から、パラリンピック競技には大きな意義がある。

次のページ>> 「障害は一つの個性」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

仲野博文 [ジャーナリスト]

甲南大学卒業、米エマーソン大学でジャーナリズムの修士号を取得。ワシントンDCで日本の報道機関に勤務後、フリーに転身。2007年冬まで、日本のメディアに向けてアメリカの様々な情報を発信する。08年より東京を拠点にジャーナリストとしての活動を開始。アメリカや西ヨーロッパの軍事・犯罪・人種問題を得意とする。ツイッター:twitter.com/hirofuminakano

 


2020年東京オリンピック狂騒曲

2020年東京オリンピック開催が決定した。今後7年、競技施設をはじめとした様々な分野でのインフラ投資が期待されており、関連業界は早くも皮算用を始めた。東京以外の地方都市も、オリンピックで来日する外国人を取り込み、疲弊する地元経済の起爆剤にすべく、思案し始めている。一方で、建設現場は人手不足、人件費と建設資材の高騰でコストは増加傾向。2020年に向けて急速に少子高齢化が進む日本は、果たして東京オリンピックを無事に運営し、オリンピックの熱気を日本の活力に変えられるのだろうか。あらゆる関連業界の“狂騒”ぶりをレポートする。

「2020年東京オリンピック狂騒曲」

⇒バックナンバー一覧