ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活の都市伝説

就職留年は就職浪人より有利って本当!?
リベンジ就活をめぐる都市伝説の真偽

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第7回】 2014年6月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「卒業までに内定が取れなかった」「希望の会社から内定がもらえなかった」

 今、就職活動真っ只中の方からすれば、そんな縁起でもないことを言うな、と思われることでしょう。しかし、実際にどの企業からも内定をもらえないとなると、来年の3月までに重大な決断を迫られることになります。なぜなら、就職をめぐって2つの選択肢が現れるからです。すなわち、①大学を卒業して就職活動を続けるか(就職浪人)、あるいは②大学を留年して就職活動を続けるか(就職留年)、です。

 ネット上や実際の学生の間ではこの問題をめぐって、様々な意見が交わされています。そのなかで都市伝説的に伝わっているのが、既卒で就職活動を続ける「就職浪人」よりも、わざと単位を落として「就職留年」する方が有利、というものです。

 果たして、「就職留年」の方がリベンジ就活に有利というのは、本当なのでしょうか? 今回は、この都市伝説の真偽に迫りたいと思います。

7割が“就職浪人”にネガティブ
理由は「留年の方が有利だから」

OKWave総合研究所が「質問・疑問 に答えるQ&AサイトOKWave」上の「就職」カテゴリに寄せられた質問と回答を分析。同カテゴリの中から「就職浪人」、「就職」かつ「留年」にまつわるものを抽出したところ、回答は「就職浪人」41件、「就職」かつ「留年」では54件得られました。

 まず、「就職浪人」にまつわる回答を分析していくと、「就職浪人」に対してネガティブなイメージを抱く人は71%に上っていることがわかりました。当然といえば、当然の結果です。次に、ネガティブな理由を分析していくと、興味深い結果が出ました。なんと、最も多かったのが「留年の方が有利」というもので、41%も占めていたからです。

 また、「就職・留年」の記述がある回答を分析した際も同じ傾向が見られました。「留年」に対する意見を尋ねたところ、ポジティブなイメージを抱く人が61%で、ネガティブと回答したのは28%だったのです。「就職留年」と「就職浪人」との間には大きな差があることがわかります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


就活の都市伝説

年が明け、就職活動が本格始動したこの時期。学生のみなさんは、就活にまつわるウソかホントかわからないあやふやな情報やウワサに翻弄されている頃ではないでしょうか。この連載では、そんな代表的なウワサが真実がどうか、先輩の実体験、人事担当者たちの本音から探ります。

「就活の都市伝説」

⇒バックナンバー一覧