ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

なぜ規制改革の本丸に踏み込めないのか
成長戦略の正しい読み方

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第267回】 2014年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 6月16日(月)の産業競争力会議で、安倍政権の新たな成長戦略の素案が提示されました。官邸の周到な根回しもあり、その内容に関するメディアの報道は好意的なものが多いですが、それではこの成長戦略で日本経済の成長力が高まるか、株価が大きく上昇するかといえば、まだ力不足と言わざるを得ないのではないでしょうか。

改革の本丸に踏み込めていない

 もちろん、今回の成長戦略には高く評価すべき部分がいくつもあります。

 農業でのJA全中の改革、医療での混合診療の拡大、雇用制度でのホワイトカラー・エグゼンプションの導入など、これまで手つかずであった岩盤規制の改革に切り込んでいます。また、国家戦略特区での規制改革項目の追加など、1月のダボス会議での安倍首相の公約どおり、特区を規制改革の先兵として更に進化させようとしていています。

 その他にも、法人税減税、女性の活躍の促進、外国人労働者の受け入れ拡大など、日本経済の成長力を高めるために不可欠な政策にいくつも取り組んでいます。昨年の酷評された成長戦略とは様変わりで改革志向の成長戦略となったことは、素直に高く評価すべきでしょう。

 その一方で、あら探しをする訳ではありませんが、政策の全体像の観点からどうしても気になるのは、各分野の改革でもっとも重要な本丸にはまだ手つかずのままであるということです。

 例えば、農業を成長産業とするために重要なのは農地の大規模化であり、その観点からは農業生産法人への企業の出資割合を思い切って高めるなどの改革が不可欠ですが、この点については不十分な結果となっています。

 一方で、JA全中は既に地域農協から疎まれる存在になっていたことを考えると、悪く考えれば農業では取っ付きやすくシンボリックな改革を先行させたとも言えます。更に言えば、JA全中を具体的にどのように改革するかの詳細は先送りになったので、今後の詳細設計の段階で改革が骨抜きにされる危険性もあります。

 同様に、雇用制度改革について言えば、正規雇用と非正規雇用の区別をなくす“同一労働同一賃金”(オランダ革命)の実現、金銭解雇のルールの明確化といった改革が重要かつ不可欠ですが、それらにはまったく手つかずのままです。もちろん、ホワイトカラー・エグゼンプションの対象が拡大されること自体は望ましいことですが、それが雇用制度改革の一丁目一番地とは言いにくく、やはり取り組みやすいものをやったという印象は免れません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧