ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アドラー流 お悩み相談室
【第4回】 2014年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
岸見一郎 [哲学者]

私にだけ返信が遅い?
TwitterやFacebookで疎外感を
感じた時の心の対処法とは?

1
nextpage

フロイトやユングと並ぶ心理学の巨人・アドラーは、現代を生きる私たちに人生観が変わるほどの気づきを与えてくれます。その教えをわかりやすく説いた『嫌われる勇気』は今や35万部のベストセラー。本連載では『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎氏が、職場や日常生活で起こりうる皆さんのお悩みを「アドラー流」に解決いたします。
今回のお悩みは、20代女性によるもの。アドラー流の解決策はどのようなものでしょうか?


【今回のお悩み】
「TwitterやFacebookで私にだけ返信が遅く淡泊な友人。
 寂しいけど仕方ない……と頭では理解しているのですが、
 感情が追いつきません。」20代女性(パート・アルバイト)


友達がたくさんいる人気者の友人Aさん。そんなAさんに、私がTwitterやFacebookでメッセージを送っても、返信は遅く内容もとても淡泊です。しかし、その他の友達とは頻繁にメッセージを交わして盛りあがっているようなんです。
岸見先生の『嫌われる勇気』を読んで、その人と話したい、仲良くなりたいと思うのはあくまでも「私の課題」だと学びました。そして、その友人Aさんが私と仲良く話すかどうか、というのは「Aさんの課題」であり、私がどうにかできるものではない、ということも学びました。
しかしそう理解してはいても、どうしても感情が追い付きません。寂しいな、もっと話してほしいなと、Aさんの友人たちがうらやましく嫉妬を覚えてしまいます。
感情を割り切るには、どうしたら良いでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岸見一郎[哲学者]

きしみ・いちろう/1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。


アドラー流 お悩み相談室

ベストセラー『嫌われる勇気』の著者・岸見一郎氏が、読者の皆さんの悩みにアドラー心理学の知見をフル活用してお答えします。

「アドラー流 お悩み相談室」

⇒バックナンバー一覧