ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

昭和の母のように働き、上司を「アニキ」と慕え!
グローバルで評価される“浪花節処世術”5大ポイント

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]
【第4回】 2014年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ビジネス街・シェントンウェイ最寄りのラッフルズ・プレイス駅前

 書店に足を運べば、新人としての心得やビジネスマナーについて書かれた本が平積みになっていることだろう。日本だろうがシンガポールだろうが、社会人として新しい環境に馴染むための努力をするのは、大切なこと。しかし、注意してほしいことがある。その努力はマイナスポイントをつくらないためであって、社内での評価アップに繋がるプラスポイントではないのだ。

 入社したばかりのあなたは、想像以上に注目の的となる。役職があろうとなかろうと、仮にパートやアルバイトであっても、あなたは注目され、そして「今度の新人、どう?」と吟味される。

 周囲の人たちと楽しく打ち解け合える「仲間」となるか、業務をハイパーにこなす「ヒーロー」になるか、あるいは閉塞感を打開する「リーダー」になるかは本人次第だが、一度職場に入れば自然と査定され、区分されることには変わりない。

 それがシンガポールとなれば、新人が浴びる「洗礼」はより鮮烈なものとなる。中でも日本人は、アジアにおいて最も憧れられている人種ゆえに、どんな人でもやたらと好奇の目に晒される。ちょっとしたアイドル状態だ。良い活躍も多少過大評価されるが、失敗もこの上なく目立ってしまうのだ。

 そんなタイトロープな状況をどう打破すべきか。何も知らずに体当たりで挑み、試行錯誤する前にぜひ知っておいてほしい「プラス評価の構築方法」を、リーゼント的な経験から5つのポイントにまとめてみた。それが、「浪花節処世術」5大ポイントである。意外かもしれないが、グローバルな企業社会での人々の働き方は、海外経験のない日本人が思っているほど「ドライ」ではない。それどころか、日本の浪花節にも通じるウェットな部分もたくさんある。だからこその「浪花節処世術」なのである。

 シンガポールをはじめ、これから海外で働き始める皆さんにとって、実践的で役に立つ内容だと思う。老婆心ながら参考にしてもらいたい。

グローバルで評価される
「浪花節処世術5大ポイント」を知ろう

 まず、ポイントを紹介する前に、理解していてもらいたい大前提がある。それは、「新人の評価は最初の3ヵ月で決まる」ということだ。新人にとって最初の3ヵ月は実に不安定で、どのように振る舞うかによって職場でのポジショニングが決まってしまう大事な時期なのだ。

 日本からシンガポールに転職、駐在してきた方々は、海を越えて引っ越して来るので、仕事だけでなく生活環境も変化する。この3ヵ月をいかに成功させるかで、生活の楽しみ方にも大きく影響してくる。だからこそ、新天地にてさらなる成功を目指す方々に、今から紹介する、評価されるビジネスマンの「浪花節処世術」5大ポイントを活用していただきたいのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]

大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本/アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)で19年間、業務・ITコンサルタントとして活躍。シンガポール移住11年、永住権を保持し、近年はアジア全域の新事業開発、業務改善、組織改革に従事。 人生の目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「Stay Gold!」。グローバルビジネス経験を活かして日本およびアジアの顕在化した社会問題を解決し、多くの人々が希望をもてる社会の実現を目指している。

☆ブログ: シンガポールではたらくリーゼントマネージャー岡田兵吾のStay Gold!
☆Facebook: Hyogo Okada(岡田兵吾)
☆Twitter: phoenix_hugo(リーゼントマネージャー岡田兵吾)


STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

アジアのグローバルシティとして大きな変化を遂げたシンガポール。しかし意外にも、あらゆるところに「浪花節文化」が存在していることを、あなたはご存じだろうか? そこで当連載では、日本人の固定概念を覆すシンガポールのリアルな姿を、家族とともに現地コミュニティに根を張って暮らしている筆者ならではの視点で紹介する。

「STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」」

⇒バックナンバー一覧