ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

学歴? 英語力? いや最後は“浪花節”がモノを言う!
若者が知らない「シンガポール就職」の現状と対策

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]
【第3回】 2014年5月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本人にとってまだまだチャンスは多い!
成功する「シンガポール就職」の心得とは

シンガポールのビジネス中心街「シェントンウェイ地区」

 いまやグローバル(世界)で就職することを「セカシュー」と呼ぶのだとか。アジア経済圏における台頭もあって、最近ではシンガポールでの就職を希望する日本人もたくさんいると聞いている。僕がシンガポールに就職を決めて、ここにやってきたのは11年前。当時は「島流し」される人間に向けられるような目で見られたものだが、嬉しいものだ。その頃と比べると、就職事情もすっかり様変わりしたものだ。

 しかし、ちょっと残念なニュースもある。ここ数年、シンガポールでの外国人就労ビザが取りにくくなっているのだ。

 理由は、外国人ワーカーが増え過ぎたために、車や電車が混雑していること、住居不足から家賃が急上昇したこと(過去10年間で、民間住宅賃貸指数で約1.7倍の上昇)などにある。外国人ワーカーのせいで良い職からシンガポール人があぶれたとの話も聞く。そこで政府は、有権者であるシンガポール人のために、外国人ワーカーの就労ビザの発給を制限しているわけだ。

 以前は、学生インターンシップでも手軽なワーキングホリデービザが使えたのだが、2012年12月の制度改正 で、「世界大学ランキング200位以内の大学」に制限されてしまった。この改正はシンガポールでもちょっとした騒動になった。

日本の場合、わずか11大学(旧帝大と、筑波大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学)の学生と卒業生だけに制限されたために、インターンシップで気軽にシンガポールに来ることも難しくなってしまった。シンガポールで内定が出たにもかかわらず、就労ビザが取得できなかったため、泣く泣く帰国したという話もあるくらいだ。

 やはり日本人にとって、シンガポールでの就労は難しいのか……と思ってしまいそうだが、とはいえ欧米での就職と比べると、シンガポールはまだまだ就職しやすいように思える。

 すでにご存知の通り、今はアジアがこれからの世界の成長エンジンとして注目されている。アジアのハブ国としてのビジネスニーズは高く、シンガポールには欧米企業のアジア地域統括拠点が多く、シンガポールから日本のビジネスを管理する企業も多い。シンガポールは日本人向けの案件数や、その種類も多い。それに対して、アメリカ、カナダ、欧州でも就職先がないことはないが、これらの地域は失業率が高く自国の雇用のほうが優先される傾向が高いはずだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]

大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本/アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)で19年間、業務・ITコンサルタントとして活躍。シンガポール移住11年、永住権を保持し、近年はアジア全域の新事業開発、業務改善、組織改革に従事。 人生の目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「Stay Gold!」。グローバルビジネス経験を活かして日本およびアジアの顕在化した社会問題を解決し、多くの人々が希望をもてる社会の実現を目指している。

☆ブログ: シンガポールではたらくリーゼントマネージャー岡田兵吾のStay Gold!
☆Facebook: Hyogo Okada(岡田兵吾)
☆Twitter: phoenix_hugo(リーゼントマネージャー岡田兵吾)


STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

アジアのグローバルシティとして大きな変化を遂げたシンガポール。しかし意外にも、あらゆるところに「浪花節文化」が存在していることを、あなたはご存じだろうか? そこで当連載では、日本人の固定概念を覆すシンガポールのリアルな姿を、家族とともに現地コミュニティに根を張って暮らしている筆者ならではの視点で紹介する。

「STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」」

⇒バックナンバー一覧