ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活生の業界・企業研究を手助け!なんでも業界・企業ランキング

ホワイトカラーエグゼンプションが狙い撃ち?
残業時間の長い業界・職種ランキング

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第12回】 2014年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 6月24日、安倍首相が新たな成長戦略を発表しました。そのなかで、最も注目されたものの1つがいわゆる「ホワイトカラーエグゼンプション」の導入でしょう。すなわち、年収1000万円以上の高度専門職に、時間ではなく成果で測る働き方を導入し、16年春の施行を目指すとしています。

 これによって気になるのが「残業代」の行方です。これまで残業した分だけもらえていた残業代がなくなるとすれば、「サービス残業」を強いられることになるのでは?という懸念も生まれます。もし実際にホワイトカラーエグゼンプションが導入された場合、特に影響を恐れるのは、残業時間の長い職場で働く人たちでしょう。では一体、どのような業界や職種で残業時間が長いのでしょうか。

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズが、同サイトに登録された約6万8000件の社員による在籍企業の評価レポートから、「残業時間」を対象にデータを集計し、世代や業界、職種を軸に分析しました。

 調査対象データは「Vorkers」へ2007年7月~14年5月に社員から投稿されたレポート6万8853件。ただし、「年収別の平均残業時間(月間)」「年収・年齢別の平均残業時間(月間)」「職種別残業時間(月間)ランキングTOP30」は、2013年6月からの回答(1万8460件)が対象。

残業時間が最も長い業界は
やっぱりコンサルだった!

 まず、業界別残業時間(月間)ランキングを見ていきましょう。トップとなったのは、「コンサルティング、シンクタンク」で残業時間は83.5時間となっています。2位は「広告代理店、PR、SP、デザイン」で78.6時間、次いで3位が「建築、土木、設計、設備工事」で70.8時間、4位が「放送、出版、新聞、映像、音響」で66.1時間となりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


就活生の業界・企業研究を手助け!なんでも業界・企業ランキング

就職活動を始めるにあたり、「自分がやりたいことができるか」「自分自身が成長できるか」を考えて企業選びをしよう……と指導されているかもしれません。ただ、そうはいっても気になるのが、「人気企業ランキング」です。この連載では、学生の人気企業・業界ランキングだけではない、別の角度からとらえた人気企業・業界ランキングをご紹介します。

「就活生の業界・企業研究を手助け!なんでも業界・企業ランキング」

⇒バックナンバー一覧