ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

銀行国有化の可能性をどう評価するか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第73回】 2009年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日米の株価がじりじりと下がっている。本稿を書いている時点で、日経平均とニューヨークダウは共に「7000」寸前まで来た。

 原因は、金融機関の経営不安の再燃だ。最大の焦点は、米政府がシティグループをどうするかだ。

 シティグループは、昨年すでに450億ドルの無議決優先株による資本注入と、約3000億ドルの不良資産に関する政府保証という大型の支援を受けたが、信頼を得るに至っていない。株価は年初の3分の4以下の2ドル前後だ。

 筆者は米政府はシティグループを早期に国有化すべきだと思う。民間会社としての経営の自主性を重んじていられる時期はすでに過ぎた。傘下のシティバンクは国際的な決済を担うマネーセンター・バンクの一角であり、業務範囲は世界各国に及ぶ。

 破綻した場合の影響は、米国内にとどまらない。海外での不測の事態(預金の引き出しやデフォルト)が米国内での取り付けに発展するリスクもある。これから資産査定を行なって、追加的な支援を決めるような時間の余裕はないのではないか。破綻した場合の影響の大きさと時間的制約を考えると、米政府が経営に責任を持つことが現実的だろう。

 投資家にとっての問題は、シティグループのような大銀行(一行とは限らない)に国有化ないし、それに近いことが起こった場合に、これをどう解釈するかだ。

 本稿執筆時点までの株式市場では、国有化は株価の下落要因ととらえられているようだ。

 国有化の際には、既存の株主が過去に発生した損失を負担することが想定されるので、最悪の場合、株式の価値はゼロになる。ゼロにならないまでも、政府が保有する優先株が大量に普通株に転換されるような事態になると、既存の普通株の株主が保有する価値が希薄化することになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧