ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

「ハローワークは嫌い、ダサい、行きたくない」
そんな就職できない若者がハマる大手就職サイトの罠

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第14回】 2014年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 キャリアプロデューサーの櫻井です。

 突然ですが、皆さんは「ハローワーク」についてどんなイメージをお持ちですか?

 「ハローワークってなんかダサいよね」
 「なんかオジサンがオジサンの就活の世話をしている感じ」
 「陰気で暗いイメージ」
 「年配者が通うところでしょ?」

 上記はこれまで私がキャリアコンサルタントして関わってきた中で20代前半の男女が感じていた内容です。彼らは1度もハローワークを訪れた事はありませんでした。

 そこで今回は、若者に敬遠されがちなハローワークの効果的な使い方と大手就職サイトとの違いについて書いていきたいと思います。

ハローワークと大手就職サイトの違い

 私が就職支援で関わった方々は、これまで就職が上手く行かなかった20代の男女がメインでした。一般的な統計は分かりませんが、少なくともそのほとんどの方がハローワークを敬遠していました。その主たる理由は、冒頭でご紹介したとおりです。

 そもそもハローワークとはなんでしょうか。

 正式名称は「公共職業安定所」で国によって運営されています。主な事業としては職業紹介事業で労働の需要と供給をマッチさせる事です。

 実際にハローワークを訪問してみると、割と静かな環境です。求人票検索用のパソコンが数台から数十台設置されており、相談用のカウンターもあります。実際に利用している若者からは、「どこか図書館や役所にも似た雰囲気が苦手」という声も聞きました。とはいえ、毎日ハローワークに通わなくても、求人検索だけなら自宅でもできます(「ハローワークインターネットサイト」)。

 にもかかわらず、大多数の若者は人材企業を始めとした就職サイトを利用しています。確かに人材会社の就職サイトはどれもスタイリッシュで検索項目もスマートです。さらに求人紹介は写真を始めとした情報がとても豊富に掲載されています。中には「非公開求人」と呼ばれる一般には公開されていない求人を揃えている企業も存在します。学生の就職活動中から引き続き利用している方も多いです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧