ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

「働かないオジサン」の専門家が語る
日本企業の人事制度の問題点
――楠木 新氏(『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか』著者)インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2014年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

細くなるピラミッドに対して
下から押せばはみ出る人はでる

くすのき・あらた
1979年、京都大学法学部卒業後、保険会社に入社。人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長などを経験。勤務のかたわら、「働く意味」をテーマに執筆、講演、セミナーなどに取り組む。著書に『人事は見ている。』(日経プレミアシリーズ)、『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか 人事評価の真実』『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』(東洋経済新報社)。

――なぜ、働かないオジサンは生まれるのでしょうか。

 日本企業の人事の仕組みに原因があります。

 能力や適性を考えずに新卒で大量に一括採用する。入社したあとも、個々人のスキルや能力の中身は細かく見ないで、一律で管理してしまう。

 その上、一つの業務に精通したスペシャリストではなく、ジェネラリストとして育成する企業も多い。「なんでもできる」と言えば良く聞こえますが、要するに誰がどの部署に居たっていい、誰でも変わらないということです。

 もちろん、そういう日本型のやり方が全て悪いということではありません。右肩上がりの時代には、フィットしていた部分も多かったのです。それが、今になってみると、マイナスの面が目立って来てしまった。

 マイナス面の一つは、ポストの数に対して、人が多いこと。社内のポストは、上に行けば行くほど少ないピラミッド型なのに、新卒で大量に入社した社員が一斉にそこに押し寄せることです。

 どんどん細くなるピラミッドに対して、ところてんのように、下から押したら、当然、はみ出てしまう人はたくさん出てしまいますよね。

――なるほど。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧