ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第49回】 2014年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

「経営の神様」のリーダーシップを客観的に分析
伝記を超えた価値のある必読の経営学書
『幸之助論――「経営の神様」松下幸之助の物語』

1
nextpage

今回ご紹介するのは、日本を代表する経営者、松下幸之助の評伝『幸之助論――「経営の神様」松下幸之助の物語』です。リーダーシップ論の第一人者ジョン・P・コッターによる客観的で多面的な幸之助の分析は、「優れた経営者の伝記」以上の価値がある、必読の経営学書と言えるでしょう。

経営学の第一人者による
松下幸之助の評伝

ジョン・P・コッター著『幸之助論――「経営の神様」松下幸之助の物語』2008年4月刊。あまり見ることのない、松下幸之助の若かりし日の写真が印象的です。

 本書の原題は“Matsushita Leadership, Lessons from the 20th Century’s Most Remarkable Entrepreneur”、1997年に米国で出版され、98年に『限りなき魂の成長』(飛鳥新社)と題されて邦訳書が出ています。本書はこの初訳の10年後にダイヤモンド社から復刻されたものです。邦題は『幸之助論』と改題されました。「リーダーシップ論」と「組織変革論」の第一人者である経営学者、ジョン・P・コッターが書いた唯一の評伝だそうです。初訳と同一の訳者による厳密な校訂と、監訳者の金井壽宏・神戸大学教授による詳細な解説が付されており、熟読玩味に値する書物として定評を得ています。

 松下幸之助(1894-1989)の著作は自身が設立したPHP研究所から大量に出版されていますが、第三者が書いた評伝はそれほど多くありません。しかし、多くの新聞・雑誌の記事や映画・テレビドラマなどによってほとんどの日本人は幸之助の人生の概略を知っています。筆者も小中学校の副読本で読んだ記憶があります。

 苦難に満ちた幼年期、少年期。小学校4年で退学を余儀なくされ、9歳で火鉢屋と自転車屋に丁稚奉公、その後は16歳で大阪電灯へ入社し、在職中に電球ソケットを発明、1917年、23歳で退社し、翌年、松下電気器具製作所を創業します。これが松下電器産業(1935年)、のちのパナソニック(2008年)です。

 パナソニックは敗戦、昭和40年不況、2002年前後のIT革命、2009年のリーマンショックなど、何度も経営危機に襲われますが、そのたびに乗り越えてきました。巨大製造業としては驚異的な復元力です。

 幸之助は一代で巨万の富を築きましたが、個人による寄付もけた外れです。有名なのは日本国際賞と松下政経塾の創設でしょう。各国の大学にも寄付を続けました。ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)にも100万ドルを寄付し、「松下幸之助記念リーダーシップ講座」が開設されています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧