HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

年間200人もの死者が!
早朝ゴルフで突然死しないための
5つの処方箋

裴英洙 [医師・MBA/ハイズ株式会社代表取締役社長]
【第2回】

日本では35歳~65歳に一番多いといわれているゴルフ人口。日頃忙しすぎて運動できないから、休日のゴルフが唯一「体を動かす機会」というビジネスパーソンも少なくないかもしれません。しかしそこには、年間200人もの突然死を招く「死の恐怖」が隠されていたのです……。今回は、「休日ゴルフの突然死」を回避するための方法を、医師の立場からお伝えしたいと思います。

年間200人もの突然死!
あなたは大丈夫と言えますか?

 緑に囲まれた芝生の上で、日頃のストレスも忘れて思い切りスイング! 休日のゴルフは何ものにも代えがたい楽しみ、と語るビジネスパーソンはたくさんいらっしゃいます。交渉や商談の合間、それまでは難しい顔をされていた相手が、一転ゴルフの話になると、少年のように笑顔になる場面は少なくありません。ゴルフは運動量も適度なので、休日の運動としてはぜひにとおすすめしたいところです。

 ただ一つ、休日の早起きゴルフに潜んだ危険な落とし穴を、医師という立場からお伝えしなければなりませんが……。

 落とし穴の正体とは、ズバリ、ゴルフプレー中の突然死です。実は、この楽しいはずのゴルフのプレー中に突然死する人が、年間200人もいるのです(元聖マリアンナ医科大学、吉原紳助教授推計)。運動中の突然死では、ゴルフが最も多いという報告もあります。原因の多くは心筋梗塞などの循環器系の疾患で、なかでも高血圧症、糖尿病、高脂血症、喫煙などの危険因子を持つビジネスパーソンは、特に注意が必要です。

 日本では35~65歳という、まさに働き盛り世代のゴルフ人口が最も多いと言われています。言い換えれば、残業続きの激務、運動不足、接待や飲み会、デスク飯など偏った食事や生活の影響が最も出ている世代とも言えるでしょう。つまり、これらの生活で体は疲れを慢性的に抱えている状態です。不健康な体で、しかも溜まりに溜まった疲労を取らずに、グリーンに立つのはリスクが高すぎるのです。

1 2 3 >>
関連記事
このページの上へ

裴英洙 [医師・MBA/ハイズ株式会社代表取締役社長]

はい・えいしゅ/医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役社長。

 

1972年奈良県生まれ。 金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科修了。金沢大学医学部卒業後、金沢大学第一外科(現・心肺・総合外科)に入局し、大学病院や基幹病院を中心に、主に胸部外科(肺がん、心臓病など)に従事し、日々手術に明け暮れる。その後、金沢大学大学院に入学し、外科病理学を専攻し医学博士を取得。さらに、病理専門医を取得し、市中病院にて病理医として病気の最終診断にかかわり、年間1万件以上の重大疾病の診断をこなす。

また、医師として働きつつ慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネス・スクール)にて医療政策・病院経営の第一人者の田中滋教授に師事。同ビジネス・スクールを首席で修了。フランスグランゼコールESSEC大学院交換留学。ビジネス・スクール在学中に医療機関再生コンサルティング会社を設立。多数の医療機関の経営支援、ヘルスケア企業の医学アドバイザー業務などを行なっている。 現在も医師として臨床業務をこなしつつ、臨床の最前線からのニーズを医療機関経営に活かすハンズオン型支援を行なう。

著書に『10の仕事を1の力でミスなく回すトリアージ仕事術』『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』(ダイヤモンド社)、『医療職が部下を持ったら読む本』(日経BP社)などがある。

 


なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか

徹夜明けでも疲れを感じさせない、飲み会や接待の翌日もバリバリ仕事をこなしている……なぜ、一流と呼ばれる「デキる」ビジネスパーソンは、「疲れ」を翌日に持ち越さないのか? 現役医師であり、会社社長であり、企業コンサルタントでもある著者が「疲れ」から最速で回復する簡単なコツを紹介!
 

「なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか」

⇒バックナンバー一覧