ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

鼻脱毛、モテ肌塾…いまどきミドルも注目
“男の美活”市場に商機あり!

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第18回】 2014年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

男も美肌の時代?

 洗顔料、化粧水、美容クリーム、洗顔シート、脱毛、エステ…。

 これらが女性の独壇場だったのは、もはや過去の話。今や男性向けの美容商品や美容サービスが多数登場し、メンズビューティー市場は現在、急成長中です。

 これまで同市場をけん引してきたのは10~20代の草食系メンズでした。しかし最近では、丸の内や大手町などの大手企業に通うミドルやエグゼクティブも注目し始めています。

 今回は、成長が見込まれるメンズビューティー市場の特徴と、日本初のサービスを展開する新店に注目し、“男の美活市場”拡大の背景を探ります。

メンズビューティー市場拡大のポイントは
40代以上の取り込み

 調査会社・インテージのマーケティングリサーチによると、化粧品を購入する男性の割合は、20代が60.2%と最多で、30代では51.8%、40代以上になると更に下がり、年齢の上昇にしたがって購入率が下がるという結果が出ています。(参照:「男性の化粧品購入の実態と美容に関する意識調査」)

 しかし、40~60代男性の美容への関心という点では、14.1%が「関心がある」と答えていて、「どちらかといえば、関心がある」と答えた人も合わせると50%を超えています。ミドル層の実に5割強が美容に関心を持っていることがわかります。

 同調査によると、男性が自分の外見で気になっていることベスト3は、

1位「髪の毛が少ない」
2位「白髪が多い」
3位「口臭」

 という結果でした。

 上記以外では、「スタイル・体型」、「たるみが目立つ」、「歯の黄ばみ」、「しみ・ソバカスがある」と続いています。

 そして男性が気になっていることのなかで、実際に何らかの対処を行っているのは、「肌のかさつき・乾燥」、「体臭(ワキガも含む)、口臭」、「敏感肌(かゆみ、乾燥)」、「髪型・ヘアスタイル」など、多くが化粧品等で対応できるものが挙げられました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

リニューアル店舗、新店、新業態などの新しい商業施設に、街歩き・店歩き歴21年の岩崎剛幸・船井総合研究所上席コンサルタントが取材して、レポートする。岩崎氏はファッション業界や百貨店業界を専門分野にしており、鋭い視点が持ち味。商圏に与える影響や店としてのオモシロさ、新しさ、消費市場の流行のタネなどを探していく。

「岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」」

⇒バックナンバー一覧