ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

妻たちはなぜ満たされず、家庭をリスクに晒すのか?
賛否両論の「平日昼顔妻」を女性目線から考える

宮崎智之 [フリーライター]
2014年8月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「平日昼顔妻」という言葉が話題になっている。平日昼間の時間を使って不倫する妻を指す言葉で、彼女たちを扱ったテレビドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が、流行のきっかけとなった。ドラマの内容については賛否両論があるが、「自分の妻は大丈夫だろうか?」と不安になるビジネスマン諸氏も多いことだろう。不倫は道徳的に許されないものであり、バレれば社会的な信用を落とすばかりか、離婚や慰謝料などといった深刻な事態に発展しかねない危険な行為だ。人はなぜ、不倫に手を出すのだろうか。また、そもそも我々の身近でそんなドラマのような現象が本当に頻繁に起きているのか。主に女性目線の分析を交えながら、不倫の社会的背景について考えたい。(取材・文/フリーライター・宮崎智之、協力/プレスラボ)

あなたの妻は本当に大丈夫?
ドラマの「平日昼顔妻」に賛否両論

 うちの妻に限って――。

そんな思い込みが突然、崩壊する日がくるかもしれない。

 「平日昼顔妻」という言葉をご存知だろうか。流行のきっかけになったのは、フジテレビの情報番組だ。同社のホームページによると、「平日昼顔妻とはフジテレビの情報番組『ノンストップ!』が、ルイス・ブニュエル監督、カトリーヌ・ドヌープ主演の映画『昼顔』から着想した造語で、夫を会社に送り出した後、平日昼に別の男性との恋に落ちる主婦のこと」だという。

 上戸彩さん主演のテレビドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)でも平日昼顔妻たちが扱われ、ビジネスマンの間でも大きな反響を得ている。ドラマの内容には賛否両論があるが、「平日昼顔妻」が話題になるにつれ、「自分の妻は大丈夫だろうか?」と不安になっている男性も多いのではないか。

 言うまでもなく、不倫は許されない行為だ。仮に不倫がバレれば社会的な信用を落とすだけではなく、離婚や慰謝料の請求などといった深刻な事態に発展する可能性もある。もちろん、家族の心も深く傷つけてしまう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧