ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一流のビジネスパーソンになるための財務3表超入門
【第2回】 2014年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
國貞克則 [ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役]

財務3表は「企業の3つの活動」を表したもの

1
nextpage

40万部のベストセラー『財務3表一体理解法』の著者・國貞克則氏が、一流のビジネスパーソンになるための会計知識をストーリー形式でご紹介するウェブ連載の第2回目。設計部時代の上司・石田から会計の重要性について教わった高橋は、会計の勉強をしようと決意し、さっそく石田からレクチャーを受けることに…。今回は「財務会計の全体像」をやさしくご説明します。

すべての企業に共通する
3つの活動とは

 高橋は一人会社の会議室から外の景色を眺めていた。外はもう暗くなっていたが、どのビルの窓にもあかりがついていた。午後7時を過ぎたころだから、当然ながらどこの会社でもまだ多くの人が働いていた。

 「スマン、スマン、遅れて」

 石田が勢いよくドアを開けて入ってきた。

 「こちらこそ、お忙しいところスミマセン。僕もいま来たところです」

 高橋は今日、石田から会計の基本について教えてもらうことになっていた。

 「今日はお忙しい中、僕のためにお時間を割いていただいてありがとうございます。せっかくの機会ですから、もっとたくさんの人に来てもらったほうが良かったんじゃないですか?営業部にも会計の勉強をしたいと思っている人はたくさんいるはずです」

 「高橋君への個人レッスンにしたのはわけがあるんだ。今日の話を聞いて、次は高橋君が先生になって、営業部のみんなに会計を教えてもらいたいんだ」

 「え?僕がですか?」

 「そうだ」

 石田はキッパリと言った。

 「何かを理解しようと思えば、人に教えるのが一番効果的なんだ。教える人が一番勉強することになるからな」

 石田はいつもためになることを言ってくれる。

 「はぁ、わかりました」

 石田にはなぜか逆らえない。石田がいつも自分のことを考えてくれていると感じるからかもしれない。

 「それじゃ、早速始めよう」

 石田はそう言って、シャツの腕をまくりあげながらホワイトボードの前に立った。

 「財務諸表の細かい説明をする前に、まずは全体像を理解してもらおう。何ごともまずは全体像の理解が大切だからな」

 「ハイ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



國貞克則 [ボナ・ヴィータ コーポレーション代表取締役]

1961年生まれ。東北大学工学部卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント輸出、人事、企画などを経て、96年米クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータ コーポレーションを設立。ドラッカー経営学導入を中心にしたコンサルティングと、日経ビジネススクールなどで会計の講義を行っている。
主な著書に『財務3表一体理解法』(朝日新書)、『ストーリーでわかる財務3表超入門』(ダイヤモンド社)、『究極のドラッカー』(角川新書)、『The Trilateral Approach:グローバルに働く人の英文会計』(ボナ・ヴィータ コーポレーション)などがある。


一流のビジネスパーソンになるための財務3表超入門

一流のビジネスパーソンになるには、会計の知識が欠かせません。会計を知らなければ、ビジネスの本当の意味はわかりません。そして、会計はビジネスを広く高い視点でとらえるための有効な道具となるからです。

この連載では、初めて会計を学ぶ人、会計の勉強をあきらめてしまった人に向けて、会計の全体像、財務3表のつながり、財務分析の考え方などをストーリー形式でやさしくご説明します。

「一流のビジネスパーソンになるための財務3表超入門」

⇒バックナンバー一覧