ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実
【第10回】 2014年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
並木裕太

コンサルタントは問題解決能力を生かして
リアルな経営の世界でどんどん活躍してほしい
【第10回】川鍋一朗さん(日本交通株式会社代表取締役社長)

1
nextpage

東京最大手のタクシー会社である日本交通株式会社の代表取締役社長・川鍋一朗氏はその創業家に生まれ、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントとしての経験を積んだ後に家業を継いだ。1900億円もの負債を抱えた会社を再建に導く過程で、コンサル時代に身につけたスキルはどのように生かされたのか。老舗企業の3代目社長が語るコンサルティングと実業経営の相関性、そしてコンサルを志す若者へのメッセージとは。(構成:日比野恭三)

並木 まず川鍋さんのプロフィルをおさらいすると、慶応大を卒業後、アメリカのノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に2年間通ってMBAを取得され、帰国後はマッキンゼーで3年間のコンサルタント経験を積まれたんですね。

川鍋 一朗(かわなべ いちろう)1970年生まれ。1993年慶應義塾大学経済学部卒業。1997年ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院MBA取得。同年9月マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン入社を経て2000年1月日本交通(株)に入社。2005年8月代表取締役社長就任。三代目として『黒タク』『陣痛タクシー』『キッズタクシー』『ケアタクシー』『観光タクシー』導入や『日本交通タクシー配車』『全国タクシー配車』アプリ開発など改革を進め、日本交通グループとして約3800台の国内最大手のハイヤー・タクシー会社を牽引。2013年6月に全国ハイヤー・タクシー協会の副会長、2014年5月東京ハイヤー・タクシー協会の会長に就任。

川鍋 やはり物心ついた頃から家業である日本交通の3代目社長になるんだと言われ続けてきましたので、そのためには英語も話せる必要があると思いましたし、経営の勉強もしなければならないと考えていました。それでケロッグ(経営大学院)に行って、経営を学ぶならコンサルティング・ファームだということでマッキンゼーの採用試験を受けたわけです。最初の面接で「私には家業がありますので、10年はいないと思います」とはっきり言ったことがおそらく好感されて合格できました。

並木 そして2000年、29歳の時に満を持して日本交通に入られた。会社としては多額の負債を抱え危機的な状況だったはずですが、マッキンゼーでの学びは経営に役立ちましたか?

川鍋 正直なところ、ビジネススクールやコンサルティング・ファームでやってきたことなんて役に立たないじゃないか、と最初は思っていました。例えば人員削減が戦略上必要と一口にいっても、経営の現場では、誰を残して誰をリストラするのか、どんなふうにコミュニケーションしていくのか、全て実践の世界です。でもコンサルは、プランニングはしても、それを実践するわけじゃない。やるべきことは分かっていても、やり方が分からない毎日でした。

 本業の改革がままならない中、「誰もついてきてくれないなら、自分だけで最高の会社をつくってやる!」と思い立ち、日交マイクルという会社を社内ベンチャーのような形で立ち上げました。「動くオフィス」というコンセプトの、会員制ハイヤーやリムジンタクシーのサービスを始めたんです。自分としては、コンサルタントとしてのノウハウをフル活用して始めたつもりでしたが、4年後には4億5000万円もの累積損失を抱えて、グループの苦しい財務状態をさらに悪化させることになってしまった。

 痛感したのは、コンサルと実業で決定的に時間軸が異なる、という点です。コンサルは3ヵ月間という単位で正しいことをやり続けていれば、世の中にインパクトを与えられると考える。ところが、そういうつもりでリアルなビジネスを始めたら、単月黒字を生むまでに3年もかかってしまった。この事業の失敗で、社内での求心力も完全に失いました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


並木裕太 

 

フィールドマネージメント代表取締役。1977年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ペンシルヴェニア大学ウォートン校でMBA取得。2000年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。09年にフィールドマネージメントを設立、現任。日本航空をはじめ、ソニー、楽天といった日本を代表する企業の経営コンサルティングを務める。著書に『ミッションからはじめよう!』『日本プロ野球改造論』『ぼくらの新・国富論』(いずれもディスカヴァー・トゥエンティワン)。

 


コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実

戦略系コンサルティング・ファームは、世界中の大企業や政府・公共機関の戦略立案に深く関与し、多大な影響力を行使する頭脳集団です。しかし、その仕事の実態や正しい活用法に関する理解はまだまだ浸透していないというのが実情でしょう。本連載では、ファームのトップ、そしてコンサルを活用する企業経営者双方の声に耳を傾け、業界の現状と正しい活用法を探っていきます。

「コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実」

⇒バックナンバー一覧