ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実
【第9回】 2014年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
並木裕太

改革の立案だけでなく実践と効果にコミットし
フィーも成果に連動させたコンサルが理想だ
【第9回】村野一さん(リコーイメージング常務執行役員)

1
nextpage

時に数十億円ものフィーを要するコンサルティング・ファームとのプロジェクト。多大なコストに見合った成果を得るためには、企業側はどんな点に注意しなければならないのだろうか。ソニー時代から、コンサルティング・ファームと数々のプロジェクトを経験してきた村野一氏(現リコーイメージング株式会社常務執行役員)に、発注者として心得るべきポイントを聞いた。(構成:日比野恭三)

並木 村野さんはソニーに勤務していた頃から、コンサルティング・ファームと仕事をする機会は多かったそうですね。

村野一(リコーイメージング株式会社常務執行役員) 1985年ソニー(株)入社。アジア、欧州、中近東、中南米に駐在し、主に販売会社の経営に従事。その後、本社で全世界の直営店、Webの総責任者、コンシューマ・エレクトロクスの営業&マーケティングの戦略立案、改革を担うグローバルセールス&マーケティングトランスフォーメーション部門長を歴任。2012年12月(株)リコーに入社し、現在はリコーイメージング(株)で、カメラ等のコンスーマー製品の企画、デザイン、セールス、マーケティング、サービスを統括。

村野 2003年に、メキシコで現地販売会社の経営にあたっていた時が最初だったと記憶しています。前任者から引き継いで、まず会議を開いたんですが、時間通りにスタッフが集まらない。しかも悪びれる様子もなくて……。これは意識改革が必要だと感じて、マネージャーとオスサイト会議で徹底的に話した上で、「経営品質賞」を獲ることを社の目標の一つに据えることにしました。会社の目標やそれを実現する戦略は私なりのアイディアがありましたが、具体的なプロセスとしてどうすれば賞を獲れるのかは分からない部分も多かったので、この分野に特化したコンサルティング・ファームの助けを借りることにしたんです。

並木 その結果は……?

村野 プロジェクトの開始から4年目に、日本企業としては初めて経営品質賞をいただくことができました。その道のプロにみっちり付き合っていただき、時間を守れないレベルからメキシコの大統領府で、大統領から表彰されるような優良企業にまで変わることが出来ました。

  このプロジェクトは成功だったと思っています。

並木 その後、帰国して本社に戻られるわけですが、当時のソニーは改革の必要性に迫られていましたよね。

村野 その通りです。そうした状況の中で、私は大きく分けると3つ、コンサルティング・ファームと一緒に改革にチャレンジするという経験をしました。

 最も大規模だったのは、コンシューマ・エレクトロニクスの営業、マーケティング全域を対象とした改革です。これは10年に一度と言ってもいいほどの規模でしたが、私はそのヘッドに就いて改革を推し進めることになりました。

 ソニーは、卓越した商品企画力があり、各国に販売力のある優秀な営業部隊がいて、その2つが両輪となって急成長を遂げてきました。しかし、台頭してきた韓国勢や中国勢に押されるようになっていた。彼らは思い切った中央集権型のリソース配分を選択して市場を席巻していました。

並木 ソニーとしても、戦い方を見直さざるを得なかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


並木裕太 

 

フィールドマネージメント代表取締役。1977年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ペンシルヴェニア大学ウォートン校でMBA取得。2000年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。09年にフィールドマネージメントを設立、現任。日本航空をはじめ、ソニー、楽天といった日本を代表する企業の経営コンサルティングを務める。著書に『ミッションからはじめよう!』『日本プロ野球改造論』『ぼくらの新・国富論』(いずれもディスカヴァー・トゥエンティワン)。

 


コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実

戦略系コンサルティング・ファームは、世界中の大企業や政府・公共機関の戦略立案に深く関与し、多大な影響力を行使する頭脳集団です。しかし、その仕事の実態や正しい活用法に関する理解はまだまだ浸透していないというのが実情でしょう。本連載では、ファームのトップ、そしてコンサルを活用する企業経営者双方の声に耳を傾け、業界の現状と正しい活用法を探っていきます。

「コンサル取扱説明書 コンサル業界のリーダーと経営者たちが語る理想と現実」

⇒バックナンバー一覧