ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

採用活動から業界の常識を覆した
展示ディスプレー業界の風雲児
博展社長 田口徳久

週刊ダイヤモンド編集部
【第85回】 2009年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
博展社長 田口徳久(撮影:相川大助)

 きっかけは母の死だった。

 当時、27歳だった田口徳久は、アルバイトをしていた縁もあって、大学卒業後そのまま現在のリクルートに入社、転職雑誌の営業を担当していた。

 学生時代、「社会に出るのがとにかくいやだった」という田口だが、営業先でクライアントの社長などに会うたびに、営業のおもしろさ、そして会社経営の魅力にとりつかれていった。

 そんな矢先のこと、小さな会社を立ち上げた父を、まさに二人三脚で支えてきた母が病で亡くなってしまう。その直後、父が言った。

 「手伝ってもらえないか」

 当時、父は7人の大工を従え、企業が開催する展示会のブースやディスプレーを制作する会社を経営していた。といっても、実態は広告代理店の下請け。広告代理店から仕事を丸投げされ、展示会場を設計、設営していくのが主な仕事だった。

 幸い、仕事はコンスタントに入ってくる状態で、社員が食べていけるくらいの稼ぎは十分あった。そこで田口は、どうせ継ぐならと大きな賭けに出る。

 リクルート時代に培ったセンスとノウハウを生かし、新卒者の採用に乗り出したのだ。当時の展示ディスプレー業界の人材は大工が中心で、デザイナーも経験者を中途採用するのが業界の常識。田口は、そんな常識を打ち破る冒険に打って出たのだ。

 しかも半端な人数ではなかった。社長就任と同時に高卒を8人雇って社員数を一気に2倍にし、その後、大卒も次々と採用。社員数は毎年25%ずつ増えていった。

 「新規事業のアイディアがあったわけではなく、優秀な人材さえ雇えば、必ず事業は生まれてくるという自信があった」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧