ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
500万人の成功体験からわかった「いい仕事」をする人の極意
【第3回】 2014年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
O・C・タナー・インスティテュート

第3回:ポラロイドカメラの生みの親
偶然わいた疑問をまじめに受け止める

1
nextpage

 アメリカ・ソルトレイクシティを本拠地とする世界規模の人材コンサルティング会社、O・C・タナー・カンパニー。同社が保有する世界最大規模のデータベースから明らかになった「いい仕事」をする人の極意とは? 9月19日に刊行された書籍 『500万人の成功体験からわかった 「いい仕事」をする人の45の極意』から、内容の一部を紹介していく全4回の連載です。

 名前を知らない人などいない超有名起業家、世界的企業のエグゼクティブから、名もない営業マンや病院の清掃員、カメラマンやデザイナー、スポーツ選手まで、ありとあらゆる職業を網羅した500万件を超えるデータベース。そして、200人に対する長期にわたる徹底インタビュー。かつてない規模で行われた大規模調査から見えてきた真実とは――

「いい仕事」をする人の極意3:偶然わいた疑問をまじめに受け止める

 その道のド素人からバカバカしい質問を投げかけられることがある。

みずから発明したポラロイドカメラを手にするエドウィン・ランド(ゲッティ・イメージズ)

 当たり前だと思っていることに疑問を投げかけられると、私たちはつい、なぜそんなわかりきったことをきくのだと言わんばかりの態度をとる。まるでいまのやり方が当然で、議論の余地はないかのような説明をするのだ。

 ところが、調査によると「いい仕事」をする人は、素人から一見バカバカしい質問を投げかけられた時こそ、それをまじめに受け止める傾向のあることがわかった。

 これをやってのけたのが、ポラロイドカメラの生みの親エドウィン・ランドだった。

 1944年、ランド家はニューメキシコのサンタフェで休暇を楽しんでいた。3歳になる娘のジェニファーには気になることがあった。父親のエドウィンはそのときのことをこう振り返る。

 「ある晴れた日のことです。娘が『なんで写真はすぐに見られないの?』と尋ねてきました」エドウィンは、暗室という場所でネガフィルムから特別な紙に焼きつける作業が必要なんだよ、と説明した。でも、3歳の子どもにはちんぷんかんぷんだったにちがいない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


O・C・タナー・インスティテュート 

アメリカで尊敬されている哲学者、教育者であるオバート・タナーにより1927年に設立された。人事コンサルティングを手がけるリーディングカンパニーとして、企業の表彰制度導入を進めるなど、長年にわたり組織における「いい仕事」を調査している。人材コンサルティングを行う過程で蓄積されたデータベースの規模は世界最大級で、世界のエグゼクティブ、人事担当者から厚い信頼を得ている。ユタ州ソルトレイクシティを本拠地として、バーリントン、オンタリオほか全米各都市、カナダ、イギリスの各都市、フランクフルト、メキシコシティ、ニューデリー、香港、上海、シンガポールなどにオフィスを構える。世界150ヵ国に8000を超えるクライアントを持ち、「フォーチュン100」企業のうち23社にサービスを提供している。


500万人の成功体験からわかった「いい仕事」をする人の極意

いつでもどこでも、期待以上のことをやってのける人、普段は目立たなくも職場で一目置かれている人……。「いい仕事」をする人は、一体に何が違うのか? アメリカの人事コンサルティング企業O・C・タナー・カンパニーの世界最大級のデータベースから明らかになった「いい仕事」の極意を、4回にわたり連載します。500万件のデータと200人に対する徹底インタビューから明らかになった真実とは……。

「500万人の成功体験からわかった「いい仕事」をする人の極意」

⇒バックナンバー一覧