ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

シャッターなしで正方形!?
最新デジカメも大集合
【週刊ダイヤモンドCES2013 特別レポート(4)】

週刊ダイヤモンド編集部
2013年1月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
キヤノンのパワーショットN。サイズは縦6センチ、横7.8センチ、 厚さ2.9センチ

 つるりとしたほぼ正方形のボディ。そこには、本来カメラならばついているはずの“あるもの”がない。そう、シャッターボタンだ。

 国際見本市「International CES」では、デジタルカメラの新製品も多数お披露目された。なかでもキヤノンが発表した新製品のコンパクトデジタルカメラ「パワーショットN」は特にユニークだ。

手の平にすっぽりと納まるサイズ。「正方形のカメラはキヤノンでは初めて」と真栄田常務

 本体にシャッターやズームのためのボタンがついてない。では、どこで操作するのかというと、レンズの根元についたリングだ。リングを押すとシャッターを切ることができる。つまり、カメラを縦横どんな角度に構えても、シャッターボタンの位置を気にすることなく撮影できるのだ。また、背面の可動式の液晶パネルをタッチすることでも撮影は可能だ。

 キヤノンの真栄田雅也常務は「撮り方や構え方を根本から見直した。今までにないアングルで、犬や猫などのペットの目線でも撮影できる。もっと写真を楽しんでほしいというメッセージを込めた」と語る。米国で4月に発売予定で、日本での発売も「追ってすぐ」(真栄田常務)という。米国での価格は299ドル。

米ポラロイド社が発表した世界初のアンドロイド対応のミラーレスカメラ

 ほかにもユニークなカメラがお目見えした。インスタントカメラでおなじみの米ポラロイド社は、米グーグル社のOS「アンドロイド」を搭載したレンズ交換式のミラーレスカメラを発表。アンドロイド対応のミラーレスカメラは世界初という。

 興味深いのは、デジタルカメラのフイルムに当たる画像センサーの位置だ。ブースでは詳細な技術仕様は明らかにされていなかったが、関係者によると「交換レンズに画像センサーを搭載する」というのだ。この説明が本当ならば、後になってカメラ本体を買い替えなくても、新しい画像センサーつきのレンズを買うことで、結果的にカメラの性能を、最新のセンサーがついた状態まで向上できる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧