ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元法制局キャリアが教える! 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方
【第7回】 2014年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉田利宏

「憲法に国民の義務規定が少なすぎる」
この主張はなぜ「おかしい」のか?

1
nextpage

憲法は「国の一番大事なルール」である。連載も終盤の今回は、憲法の本質について触れてみよう。
憲法を守らなければいけないのは誰なのか。なぜ、「憲法に国民の義務を増やそう」という主張は「おかしい」のか。
憲法の本質を知れば。その答えが見えてくる。

「憲法は権力に向けられたもの」の意味

 大学の講義ではポッカリと落ちてしまうことがありますが、まず、最初に確認しておかなければならないことは「憲法は権力に向けられたもの」ということです。

 憲法といえば「国の一番大事なルール」ということは誰でもが知っています。しかし、「だから国民は憲法を守らなければならない」と早合点してはいけません。憲法は、国民に向けられたものではなく、権力を持つ者に向けられたルールだからです。「こうした人権は必ず守りなさい!」と国民が権力に向けて出した指示書が憲法の本質なのです。

 憲法を理解するためには、まず憲法が大切にしている価値を理解することが大事なのですが、憲法では「権力に向けられた人権保障のための規定」という性格がその価値に当たります。条文の技術的な解釈など後回しにして、徹頭徹尾「人権保障のための指示書」としてその意味を理解することが先決です。この憲法の大枠を理解できていないと何も始まりません。

 公務員にしろ、政治家にしろ、裁判官にしろ、これらの人たちは権力を支える仕事をしているのですから、この指示書を国民からつきつけられた存在です。その証拠は憲法99条にあります。この99条には憲法を守るべき義務を課すべき者が挙げられていますが、そのなかに「国民」の名前はありません。

○憲法
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 「国民が権力に向けて出した指示書」それが憲法の本質だとわかれば、人権保障の規定が中心になっていることも当たり前のことです。

 「憲法には国民の義務規定が少なすぎる。国民の義務規定が少ないから、いい加減な国民が増えるんだ」なんていう議論がおかしいことも分かるでしょう。さらにいえば、憲法を決定する権限が国民にしかないことも分かってもらえるはずです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


吉田利宏(よしだ としひろ)

元衆議院法制局参事
1963年神戸市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、衆議院法制局入局。以後15年にわたり法律案や修正案の作成に参画。現在、著述、講演活動を展開。早稲田大学エクステンションセンター講師、自治体研修講師・各種審議会委員。
主な著書に、『元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術』(ダイヤモンド社)、『つかむ・つかえる行政法』(法律文化社)、『法令読解心得帖』、『法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法』(いずれも共著・日本評論社)、『新・法令用語の常識』(日本評論社)など多数。


元法制局キャリアが教える! 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方

これまで誰も教えてくれなかった「法律を読むセンス」と「リーガルマインド」を最短で養う方法。法律を読むセンスは、多く時間と労力をかけて法律や条文に触れることでいつの間にか身につくもの。しかし、初学者に冷たい法律の世界では、多くの人がそれを体得する前に挫折してしまうのが現状です。そんな法律学習の世界に革命を起こすメソッドを公開します。

「元法制局キャリアが教える! 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方」

⇒バックナンバー一覧