ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元法制局キャリアが教える! 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方
【第6回】 2014年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉田利宏

「きれいにご利用いただきありがとうございます」
駅のトイレの張り紙を法律風にすると?

1
nextpage

駅のトイレで見かける「いつもきれいにご利用いただきありがとうございます」という張り紙は、文字通りに読むと意味不明なものになってしまう。
「はい、はい。『きれいに使え!』ってことね」。そういってトイレを利用してくれる人を前提にした貼り紙は、とても日本的な光景といえる。
しかし、法律の世界では、主語と述語をハッキリさせることがとても大切だ。
それは、逆にいえば主語と述語をハッキリさせることで文章の論理性を増すことができるということ。
文章の論理性を高めるテクニックを、条文から学び取ろう。

法律は主語と述語がハッキリしている

 日本語の特徴はいくつかありますが、多くの人が指摘するのは主語があいまいなことです。なんとなく主語がはっきりしない方が「やんわり」とした印象の文章になります。

 やんわりするといえば、文章の末尾もそうです。上から目線的な言葉が嫌われるからでしょう。近頃では、主語以上に曖昧です。

 たとえば、駅のトイレには「気持ちよく使いましょう!」とあります。これなど、施設管理者が利用者に呼びかけているのですが、誰がどうしなければならないのか文法的にはわかりません。

 さらに「いつもきれいにご利用いただきありがとうございます」という掲示の意味などは、文字通り読むと意味不明なものとなってしまいます。「はい、はい。『きれいに使え!』ってことね」。そういってトイレを利用してくれる人を前提にした貼り紙は、とても日本的な光景なのでしょう。

 こうした情緒的な言葉は人間関係に波風を立てない工夫かもしれません。しかし、法律を考える上でこれは命取りです。

 法律では「誰が何をすべきなのか」ということがとても大切です。法律の規定が向けられている人は誰なのか、そして、その人がどのように行動することが求められているのかがハッキリしないとルールを示したことにならないからです。

 こうした視点から、法律では主語と末尾をハッキリさせることにとても神経を使っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


吉田利宏(よしだ としひろ)

元衆議院法制局参事
1963年神戸市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、衆議院法制局入局。以後15年にわたり法律案や修正案の作成に参画。現在、著述、講演活動を展開。早稲田大学エクステンションセンター講師、自治体研修講師・各種審議会委員。
主な著書に、『元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術』(ダイヤモンド社)、『つかむ・つかえる行政法』(法律文化社)、『法令読解心得帖』、『法実務からみた行政法 エッセイで解説する国法・自治体法』(いずれも共著・日本評論社)、『新・法令用語の常識』(日本評論社)など多数。


元法制局キャリアが教える! 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方

これまで誰も教えてくれなかった「法律を読むセンス」と「リーガルマインド」を最短で養う方法。法律を読むセンスは、多く時間と労力をかけて法律や条文に触れることでいつの間にか身につくもの。しかし、初学者に冷たい法律の世界では、多くの人がそれを体得する前に挫折してしまうのが現状です。そんな法律学習の世界に革命を起こすメソッドを公開します。

「元法制局キャリアが教える! 法律を読むセンスの磨き方・伸ばし方」

⇒バックナンバー一覧