ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ
【第11回】 2014年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤スティーブ

起業のエコシステムが世界各地に生まれ始めている
シャウル・シンゲル氏インタビュー

1
nextpage

発明大国、起業国家としてのイスラエルを描いた『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?』の共著者の一人、シャウル・シンゲル氏が来日し、政策研究大学院大学で開かれたシンポジウム「START-UP NATION イノベーションと起業で輝く国をめざして」で基調講演を行った。これに先立ち、本連載のため単独インタビューに応じていただいた。(取材・翻訳 ダイヤモンド書籍オンライン編集部)

複数の起業経験をもつ、シリアルアントレプレナーが増えている

――Start-up Nationの日本語版『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?』が出版されて2年、その原書であるペーパーバック版が出てから3年、どんな反響や変化がありましたか?

シャウル・シンゲル(Saul Singer)1961年生まれ。タフツ大学卒。『Start-up Nation : The Story of Israel’s Economic Miracle』をダン・セノール氏と共同して執筆。日本で『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるか?』の書名で翻訳出版されたのをはじめ、中、韓、仏、伊など多くの言語で出版され、各国でベストセラーになった。アメリカ連邦議会の議員顧問や下院外交委員会、上院銀行委員会のスタッフとして10年間働き、1994年にイスラエルに移住。エルサレム・ポスト紙の編集者、コラムニストを務め、現在はタイムズ・オブ・イスラエル紙の論説委員兼コラムニスト。各国で講演を行っている。研究機関、投資基金、NGOなどにも係っている。

私たちが本書を最初にハードカバーで出版したのは2009年、5年前のことです。取材し、取り上げた多くの企業の状況は変化しましたし、執筆当時は存在しなかった企業がたくさん生まれています。スタートアップの動きは活発で2~3年で大きく変わりますから、私たちは個々の企業に焦点を当てるのではなく、その背後にあるもの、つまりスタートアップがなぜ次々誕生するのかということに焦点を当てたのです。

イスラエルのスタートアップの状況は執筆当時も現在も基本的に変わっておらず、成長し続けています。起業家たちはより経験を積み、複数の起業を成し遂げるシリアルアントレプレナーも次々に誕生しています。彼らは新たに起業する、いわば新人起業家のメンターとして重要な役割を果たしています。

また、これまでは起業した会社を大企業に売ることが多かったのですが、経験を積んだ起業家は会社を大きくすることにも関心を向け始めています。よく聞かれるのはなぜ、イスラエルにはグーグルやフェイスブックのような大企業がないのかということでした。その答えは、起業家たちは大企業に必要なマネジメントやセールス、マーケティングといった多岐にわたる業務に挑戦する準備ができていなかったのです。会社を大きくしようとすることと、イノベーティブであることは異なるステージですから。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ

日本にとって距離的にも心理的にも遠い国、イスラエル。だが、最先端技術を有するスタートアップ企業を輩出する「発明大国」であることは世界で認知されており、インテル、グーグルなど米ハイテク企業の多くがイスラエルに研究開発拠点を置く。韓国のサムスンも既に10年前に進出している。日本企業にも最近ようやく動きが出始めたイスラエル技術を取り込む方策を、イスラテック・加藤スティーブ氏が提言する。

「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」

⇒バックナンバー一覧