ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ
【第4回】 2014年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤スティーブ

日本のインキュベーターとして初進出!
起業大国イスラエルへ
イスラエルでサムライ旋風が起きる!?

1
nextpage

3月3日、スタートアップのベンチャー企業に投資・経営支援を行うサムライインキュベートは、イスラエル進出のプレス発表を行った。8年前からイスラエル先端技術を紹介しているイスラテックの加藤スティーブ氏が、独自の視点でこのニュースを解説する。

アジア初! シードアクセラレータ、インキュベーターとして
イスラエル進出

 3月3日、サムライインキュベートはイスラエル進出の発表を行った。イスラエル進出に関しては、各メディアが報じるであろう。本連載では独自の視点でこのニュースを解説したい。

 まず、サムライインキュベートを知らない人がいるかも知れないので、簡単に説明すると、投資家から資金を預かり、起業家の「卵」を見つけ、そこに投資をし、支援し、イグジット(Exit)することで、その預かった資金を増やして投資家に戻すことをビジネスとしている。

 同社の活動は「20代の起業論 日本版エコシステムの完成(全5回)」に詳しい。

 イスラエルでは、過去10年以上、毎年400~500社以上ハイテクスタートアップが新たに興り、現在は5000社以上あるとされる。サムライインキュベート代表の榊原健太郎氏は、2014年中にそのイスラエルのハイテクスタートアップ10社への投資を表明、しかも、榊原氏自ら移住する。イスラエルでも投資基準は、「サムライ」の名の通り、イスラエル側に迎合することなく独自基準を貫く姿勢。頼もしい限りだ。

 ローカルでのコミュニケーションは、イスラテックの現地で永年就労経験があり、イスラエル日本商工会議所の理事も兼任する日本人をパートナーとしている。弊社宛には、兼ねてから多くの現地在住の日本人、もしくは日本語のできる優秀なイスラエル人から協力の申し出も頂いており、言語はハードルにはならないだろう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)




サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ

日本にとって距離的にも心理的にも遠い国、イスラエル。だが、最先端技術を有するスタートアップ企業を輩出する「発明大国」であることは世界で認知されており、インテル、グーグルなど米ハイテク企業の多くがイスラエルに研究開発拠点を置く。韓国のサムスンも既に10年前に進出している。日本企業にも最近ようやく動きが出始めたイスラエル技術を取り込む方策を、イスラテック・加藤スティーブ氏が提言する。

「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」

⇒バックナンバー一覧