ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

失業者激増でも介護分野は人手不足。
雇用ミスマッチをもたらす深刻な構造問題

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第33回】 2009年8月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2008年10月末にまとめられた追加経済対策において、介護職員の賃金引き上げを目的として、介護報酬を09年4月から総枠で3%アップすることが盛り込まれた。これに基づき、政府は09年4月から介護報酬を引き上げた。

 これまで3年ごとに見直されていた介護報酬額は、03年度にマイナス2.3%、06年度にマイナス2.4%と、いずれも削減されてきた。介護報酬のプラス改定は、介護保険制度が開始された2000年以来初めてのことだ(*注1)

 これまで介護の問題は、介護という枠内においてのみ考えられることが多かった。今回の件で、経済問題や雇用創出との関連で、介護の問題が考えられるようになった。これは、重要な変化だ。

 社会保障は制度が複雑なため、専門家でないとわからない点が多い。そのため社会保障問題は専門家だけで議論されることが多かった。そうなるのはやむをえない面もある。しかし、社会保障制度はほとんどの人が関係する制度であり、しかも巨額の費用を扱う制度であるため、経済全体とのかかわりはきわめて重要だ。

 前回議論した年金と雇用の問題もそうであるが、同様のことは年金以外の社会保障についても言える。したがって、社会保障の専門家の議論だけでは十分でない場合が多い。以下で考える介護についても、同じことが言える。

* 注1 2008年度第2次補正予算で1200億円の基金を創設し、原則として、2009年度は介護報酬のプラス改定に伴う保険料値上げ分の全額を、2010年度は半額を補填することとした。政府は、これにより、介護職員の賃金が平均月2万円増え、現在約120万人の介護職員が10万人程度増えると見込んだ。ただし、アップ分が介護職員の待遇改善につながっていないという指摘がある。

介護サービスの需要と供給

 言うまでもなく、介護サービスに対する需要は大きく、これからも増大する。それにもかかわらず、介護のためのマンパワーが確保できない。これが介護の大きな問題である。

 まず、介護サービスに対する需要と供給について、実態がどうなっているかを見ておこう。現在の日本には、65歳以上人口が、約3000万人いる。これが、2025年には3600万人を超えると予測されている。

 他方で、厚生労働省の「介護保険事業状況報告(全国計)」によれば、要介護(要支援)認定者数は、2000年度末には256万人であったが、07年度末では、453万人になった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧