ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

うつになりやすい職場で働いても
うつにならない食事のルール

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【最終回】 2014年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

“良い企業”に勤めていても
なぜうつになってしまうのか

 うつになりやすい職場とは、どのような職場だろうか。職種による違いは確かに見られる。でも、その職種についたから、もしくは、ブラック企業と言われるような企業に勤めたからといって、みんながみんな、うつになるわけではない。

 うつ症状を抱えるクライアントとして実際接する機会が多かったのは、“一般的に良いとされている企業”の方だった。わかりやすくいうと、この企業に就職したら親が喜ぶだろうな、と大抵の人が思うようなメジャーな企業にお勤めの方だ。

 当たり前のように高い成果が要求され、仕事は山積みで納期にゆとりがない。休日出勤や長期残業が状態化している。確かに、うつ症状を引きおこしやすい環境かもしれない。でも、このような環境は、おそらく、入社してからずっと変わりがなかったはずだ。それがある日、心身の健康状態に何かしら以前と違う違和感を覚えるようになる。

 そこには、「部署移動になる」「上司または部下が大きく変わる」「ポジションが変わる」などの外的要素に加え、それが自分に合っていない、やりがいを感じない、などの心的要素が絡まった時であることが多くみられた。

 たとえば、優秀なプレゼン資料を作るが、そもそもひとり作業を好む人がいたとする。その人が突然、人とのコミュニケーションを必要とされる営業本部長に抜擢されたとしたらストレスは当然かかるだろう。逆に人と話すのが好きで、自社製品についての説明に長けていた人が、ある日突然、開発業務に就いたら、それはそれでストレスだろう。また、体力に自信がない人が夜間シフトを頻繁に組まれるようになったら、心身の健やかさを失っていくのは目に見えている。

 だからといって、これまで、それなりの成果をあげてきた人が、急にやる気を放り出して手を抜けるわけはない。でも、モチベーションと比例するように効率は落ち、会社で過ごす時間が多くなるほどに、ストレスを発散する時間は限られてくる。そのような時間が慢性化すれば「よく眠れない」「朝なかなか起きられない」「会社に行くのが億劫になる」「朝、電車に乗ることに抵抗感を感じる」「以前と同じスペードで仕事が片づけられない」などの変化が生まれても仕方がない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧