ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方
【第18回】 2008年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
塩野 誠 [コンサルタント]

名刺代わりの面白い案件を持ち、自分を差別化する
人的資本力を高める PART(2)

 「ビジネスでどんな風に覚えられたいのか」という話を新入社員にすると、「具体的には何をしたらいいですか?」と言われます。

 まずは自分を分析し、自分のキャラクターを知るべきですが、「名刺代わりの案件を持つ」というのも1つの方法です。たとえば、「1週間で~というサイトを立ち上げました」や「~という新しい商品を企画しました」といった話です。こうした名刺代わりの案件が増えていけば、他の人にも覚えてもらえるようになります。

 ここで注意する点があります。もちろん1人だけで大きなプロジェクトを達成することはできません。「私が全部やりました」と言うのは、真実でなければ非常に評判を落とす行為です。ちゃんと「私はチームのメンバーで~の部分を担当しました」と言いましょう。それでもちゃんと「名刺代わり」になります。

 私がコンサルティングに入ったメーカーで、誰でも知っているある製品の話を聞いたときのことです。長年、製品開発に携わってきた方がこう言いました。「最初は誰もそんな製品が売れるなんて思っていなかったから、仲の良い仲間と隅っこのほうで開発してたね。それが実際に完成して、売れ始めると誰もが自分がやった製品だと言い始めたよ」と。こうしたことはどこにでもある話だと思います。

 若い人の中には焦って「名刺代わり」になりそうな面白そうな案件ばかりやりたがる人がいますが、こうした軽率な評判が広まると、誰もチームに入れてくれなくなります。

 どんな仕事でも無駄はありません。必ず学習はあります。私はある会社で上司に言われて、数日間、シュレッダーされた紙をノリでつなげ続けたことがあります。探偵やCIAも驚くような仕事ですが、誰かがシュレッドした重要書類を見つけるためにやらされたのです。こんな仕事でさえ、今では話のネタになっています。

 貪欲に目の前の案件を平らげた後で、名刺代わりになる面白いプロジェクトにも参加して結果を出しましょう。能書きではなく結果があなたを差別化するのです。

【INSTALL:ここを脳にインストール!】

■名刺代わりの案件を増やして人に覚えてもらうようにする

スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



塩野 誠 [コンサルタント]

1975年生まれ。シティバンク銀行、ゴールドマン・サックス証券、べイン&カンパニー等で事業戦略の立案や実行、M&A・投資業務等を担当。現在は非営利団体である企業価値戦略研究会に所属。その活動とともにコンサルタントとして国内外の企業に対し幅広い提言と講演を行っている。


問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方

コンサルタントの思考スキルを学べば、仕事の質が変わる。外資系コンサルを経たプロが贈る最強の仕事バイブル。ビジネスマン必読。

「問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方」

⇒バックナンバー一覧