ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マンガ 小説の書き方
【第5回】 2007年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:すがやみつる [小説家],作画:横山えいじ [漫画家/イラストレーター]

【最終回】小説はパソコンで書くのが常識
~エディターソフトを使って効率よく書こう~

1
nextpage

直木賞や芥川賞などの著名な文学賞、各種の公募新人賞だけではなく、最近ではネット小説、ケータイ小説なども登場し、本格的に小説家をめざす人だけでなく、一般の人たちにとっても「小説を書くこと」は身近なものになった。しかし、小説の書き方には作法がある。小説を書く上での大事な約束事が、まるで理解できていない人が多い。
当連載では、漫画家から小説家に転身したすがやみつる氏構成のもと、漫画家・横山えいじ氏の作画により、小説執筆のイロハをわかりやすく解説。文学新人賞狙いのあなた、これからネット小説でも書いてみたいキミ、さあこの連載を読んで、小説の作法を勉強しよう!

登場人物はこちら

前回のストーリーはこちら

1

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
王道経営

王道経営

新 将命 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
ジョンソン&ジョンソンはじめ名門外資系トップを歴任した著者が、その40年以上にわたる経験から得た「王道経営」の理念と実践を語りつくす集大成。どんな名門企業も王道を外れては存続しえない。起業したばかりのベンチャーのトップから大企業の経営者まで、すべての経営者が読むべきバイブル!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、3/12~3/18)



構成:すがやみつる [小説家]

1950年生まれ。71年、『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)にて、《すがやみつる》の名前でマンガ家デビュー。代表作に『ゲームセンターあらし』がある。94年、《菅谷 充》名義で小説家に転身。代表作は『龍の伝説』など。

作画:横山えいじ [漫画家/イラストレーター]

1953年生まれ。81年、『律義な年代』で漫画家デビュー。代表作は『スクランブル効果』『マンスリー・プラネット』など。イラストレーターとして、SF小説の挿絵やブックカバーイラストなども多数手がける。


マンガ 小説の書き方

「小説を書いてみたいが書き方がわからない」という人に贈る、マンガでわかる小説入門。漫画家から小説家に転身したすがやみつる氏が小説執筆のイロハを解説。

「マンガ 小説の書き方」

⇒バックナンバー一覧