ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マンガ 小説の書き方
【第4回】 2007年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
構成:すがやみつる [小説家],作画:横山えいじ [漫画家/イラストレーター]

いよいよストーリー作りへ
~物語の骨格となる「プロット」を決める~

1
nextpage

直木賞や芥川賞などの著名な文学賞、各種の公募新人賞だけではなく、最近ではネット小説、ケータイ小説なども登場し、本格的に小説家をめざす人だけでなく、一般の人たちにとっても「小説を書くこと」は身近なものになった。しかし、小説の書き方には作法がある。小説を書く上での大事な約束事が、まるで理解できていない人が多い。
当連載では、漫画家から小説家に転身したすがやみつる氏構成のもと、漫画家・横山えいじ氏の作画により、小説執筆のイロハをわかりやすく解説。文学新人賞狙いのあなた、これからネット小説でも書いてみたいキミ、さあこの連載を読んで、小説の作法を勉強しよう!

登場人物はこちら

前回のストーリーはこちら

1

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



構成:すがやみつる [小説家]

1950年生まれ。71年、『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)にて、《すがやみつる》の名前でマンガ家デビュー。代表作に『ゲームセンターあらし』がある。94年、《菅谷 充》名義で小説家に転身。代表作は『龍の伝説』など。

作画:横山えいじ [漫画家/イラストレーター]

1953年生まれ。81年、『律義な年代』で漫画家デビュー。代表作は『スクランブル効果』『マンスリー・プラネット』など。イラストレーターとして、SF小説の挿絵やブックカバーイラストなども多数手がける。


マンガ 小説の書き方

「小説を書いてみたいが書き方がわからない」という人に贈る、マンガでわかる小説入門。漫画家から小説家に転身したすがやみつる氏が小説執筆のイロハを解説。

「マンガ 小説の書き方」

⇒バックナンバー一覧