ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第54回】 2014年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

徹底的に簡素化された情報整理術で
ノート術ブームを巻き起こしたベストセラー
『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』

1
nextpage

今回ご紹介するのは、『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』です。100円ノートを使ったカンタンな情報整理術が支持を集め、シリーズ累計50万部のベストセラーになりました。その一部をご紹介します。

半世紀にわたって
進化してきた情報整理術

奥野宣之著『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』ノートのようなデザイン。厚そうに見えますが、やさしい文体なのであっという間に読めます。

 情報整理術については、梅棹忠夫『知的生産の技術』(岩波新書、1969)以来、この半世紀のあいだに多くのアイデアが提供されています。本書はもっとも新しい方法論の一つです。すべての情報を1冊のノートに書き込んだり、他の紙情報を貼り付けたりして、時間順に、つまり分類せずにひたすら順番にページを進めるシンプルな技術を教えてくれます。

 時間順に情報をファイルして並べ、検索キーも日時(時間)に限る方法としては、野口悠紀雄『「超」整理法』(中公新書、1993)があります。「超」整理法のポイントは、紙袋にまとまった情報を放り込み、時間順に並べる「押出しファイリング」でした。限られたスペースの棚から押し出される古い袋ファイルは時間順に捨てちゃうわけです。

 山根一眞『スーパー書斎の仕事術』(ビジネス・アスキー、1985)は、紙袋に情報を入れ、表書きしたタイトルの五十音順で検索できるようにする「袋ファイルシステム」でした。五十音順配列が山根式のポイントです。80年代に流行したシステム手帳にすべての情報を織り込んでいく、山根一眞『スーパー手帳の仕事術』(ダイヤモンド社、1986)にもずいぶん啓発されました。

 本書は野口式や山根式をさらに徹底的に簡素化し、ごく普通のノートにすべての情報を時間順に織り込んでいく方法を提示します。「いつでもどこでも『1冊だけ』」と題した章で著者はこう書いています。

 仕事や日常生活で扱う情報は、何でもこのノートに入れます。/具体的に、どんなものを入れるのか、僕が今使っているノートをめくってみると次のような情報が入っていました。

・業務日誌や日記としてのメモ
・打ち合わせや取材したことを記したメモ
・セミナーのレジメや内容メモ
・仕事で使った資料の切り抜き
・取引先からもらった手紙やハガキ
・アイデアを書いたメモ用紙
・新聞や雑誌の切り抜き
・本をコピーしたもの
・映画やテレビの感想メモ
・もらった名刺
・その他の紙のもの……観光パンフレット、切符、半券、本の帯など

 これらのものは時系列、つまり日付に沿って並んでいるだけで、カテゴリ分けはされていません。(36ページ)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧