ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
【第4回】 2014年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
メンタリスト DaiGo

なぜ、「彼女」や「奥さん」のメールは
やたらに行間が空いているのか

1
nextpage

女心が手に取るようにわかる
「行間」の読み方とは?

メンタリストDaiGo人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。テレビ番組への出演多数。外食系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。主な著書は、『人生を変える60秒の処方箋 1分間の心理革命。』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『こっそり人を操る心理法則』(PHP研究所)ほか。昨年発売された自身初の本格ビジネス書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』が11万部超のベストセラーになるなど、著書は累計80万部を超える。 ビジネスやコミュニケーションに使える心理術を無料公開中。詳しくはhttp://www.daigo.meまで

 女性から来たメールを読んでいて、「もう終わりかな」と思ったら、数行空いてまだ下に文章があった─―こんな経験のある男性は意外と多いのではないでしょうか。

 メールに限らず、ブログやフェイスブックの投稿などでも、「文章にやたらと行間が多い」のは、まさに女性脳ならではの表現方法と言えるでしょう。

 ほとんどの男性はそういう書き方をしません。

 行間を空けるのは、雑談から本題に入るとか話題が大きく変わるときくらいで、それ以外は行間を詰めて書くのが男性脳の表現方法です。

 理論的でシステム的な男性脳は、言葉にフィーチャーする言語中枢が発達しているため、文字や言葉そのものに意味を求めようとします。

 結果、メールやブログでも整然と並んでいる文章のほうが読みやすいし、言いたいことを伝えやすいと考えるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    メンタリスト DaiGo 

    人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。
    テレビ番組への出演多数。外食系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。主な著書は、『人生を変える60秒の処方箋 1分間の心理革命。』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『こっそり人を操る心理法則』(PHP研究所)ほか。昨年発売された自身初の本格ビジネス書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』が11万部超のベストセラーになるなど、著書は累計80万部を超える。


    男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ

    「なぜか上司に認められない」「なぜか企画が通らない」から、
    「なぜか売れない」「なぜか交渉がうまくいかない」、
    さらには「なぜか友達ができない」「なぜか家庭内がぎくしゃくしている」まで、
    ビジネスシーンはもちろん、あらゆる場面で起こる、この「なぜか」は脳の違いが原因だった!? 
    昨年発売された著書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』で、ビジネスメンタリズムをを公開、11万部超のベストセラーになった著者が、新たなビジネスメンタリズムのテクニックを紹介。

    このスキルさえ手に入れれば、あなたの人生は面白いほどうまくいく!

    「男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ」

    ⇒バックナンバー一覧