ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ
【第4回】 2014年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
メンタリスト DaiGo

なぜ、「彼女」や「奥さん」のメールは
やたらに行間が空いているのか

1
nextpage

女心が手に取るようにわかる
「行間」の読み方とは?

メンタリストDaiGo人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。テレビ番組への出演多数。外食系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。主な著書は、『人生を変える60秒の処方箋 1分間の心理革命。』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『こっそり人を操る心理法則』(PHP研究所)ほか。昨年発売された自身初の本格ビジネス書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』が11万部超のベストセラーになるなど、著書は累計80万部を超える。 ビジネスやコミュニケーションに使える心理術を無料公開中。詳しくはhttp://www.daigo.meまで

 女性から来たメールを読んでいて、「もう終わりかな」と思ったら、数行空いてまだ下に文章があった─―こんな経験のある男性は意外と多いのではないでしょうか。

 メールに限らず、ブログやフェイスブックの投稿などでも、「文章にやたらと行間が多い」のは、まさに女性脳ならではの表現方法と言えるでしょう。

 ほとんどの男性はそういう書き方をしません。

 行間を空けるのは、雑談から本題に入るとか話題が大きく変わるときくらいで、それ以外は行間を詰めて書くのが男性脳の表現方法です。

 理論的でシステム的な男性脳は、言葉にフィーチャーする言語中枢が発達しているため、文字や言葉そのものに意味を求めようとします。

 結果、メールやブログでも整然と並んでいる文章のほうが読みやすいし、言いたいことを伝えやすいと考えるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


メンタリスト DaiGo 

人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。
テレビ番組への出演多数。外食系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。主な著書は、『人生を変える60秒の処方箋 1分間の心理革命。』(KADOKAWA/角川マガジンズ)、『こっそり人を操る心理法則』(PHP研究所)ほか。昨年発売された自身初の本格ビジネス書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』が11万部超のベストセラーになるなど、著書は累計80万部を超える。


男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ

「なぜか上司に認められない」「なぜか企画が通らない」から、
「なぜか売れない」「なぜか交渉がうまくいかない」、
さらには「なぜか友達ができない」「なぜか家庭内がぎくしゃくしている」まで、
ビジネスシーンはもちろん、あらゆる場面で起こる、この「なぜか」は脳の違いが原因だった!? 
昨年発売された著書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』で、ビジネスメンタリズムをを公開、11万部超のベストセラーになった著者が、新たなビジネスメンタリズムのテクニックを紹介。

このスキルさえ手に入れれば、あなたの人生は面白いほどうまくいく!

「男女脳戦略。男にはデータを、女にはイメージを売れ」

⇒バックナンバー一覧