ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]
【第4回】 2013年12月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
奥野宣之

50万部売れた情報整理術
今すぐ使える効果的な7つの記録法

1
nextpage

シリーズ累計50万部の『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』から、誰でも今すぐ実践できるノート術を厳選して紹介。後から読み返してもわかる速記、略記、記号などのメモ術から、活用を意識した記述法、読み返す上で役立つタグ付けなど、知っているだけで役立つ手法が満載。

 これまでの連載で、あらゆる情報をノートに入れるための考え方やルールについて解説しました。文章で説明したのでややこしく感じたかもしれませんが、要するに、「常に1冊のノートを手元に置き、あらゆる情報を分類せず、前から順に入れる。ごちゃまぜのノートになっても『手がかり』さえ押さえておけば、あとで取り出せる」ということです。

 さて、これで本システムのベースとなる考え方を押さえてもらったことになります。この回では、よりミクロな話として「具体的にノートにどう書くか」の7のポイントについて解説していきます。

 一見すると細かい話に思えるかもしれません。しかし、ここで紹介しているように使い方に凝ってみることは、スピーディーに記録したり、あとで読み返したりする上でも効果的です。また、続けるためのモチベーションを高めることにもつながります。

ポイント1
略記は「ローマ字母音抜き」で

 速記にはいろいろなやり方がありますが、もっともシンプルで応用のきく略記法をここで紹介しておきましょう。名付けて「ローマ字母音抜き法」です。

 「ドラゴンクエスト」を「DQ」と書いたり、慶應義塾大学とメモしたいときに「KO大」と書いたりするのと同じようなものです。この方式で略すと、東京は「TK」に、秋葉原は「AH略記は「ローマ字母音抜き」でB」になります。記号化のルールは、次の通り、極めてシンプルなものです。

・ローマ字化する(横浜→YOKO・HAMA)
・漢字に対応する頭文字だけを残す(YOKO・HAMA→YH)

 たとえば「飯田橋」は「IDB」、「赤坂見附」は「ASMT」、「両国国技館」は「RGKGK」と略記できます。ただ、パッと見てわかるのは四文字くらいまででしょう。おすすめしたいのは、よく書くことになる地名を、日ごろからこの方式で略記しておくことです。毎日のように使っていれば、「これは何の略だったっけ?」と迷うことはありません。

 ただし、この略記法が向かない言葉もあります。新潟を「NG」と表記すると、テレビや映画でいうNG(No Good)みたいで混乱するし、奥野を「ON」、藤井を「FI」と書くのは、「オン?」「ふぃ?」となるのでやめておいた方がいいでしょう。

 なんでも無理やりにこの方式で略記するのではなく、自分の仕事や生活でよく使う言葉だけ「ローマ字母音抜き」をベースに表記するようにします。たとえば「新大阪」は、普通にローマ字母音抜きにすれば「SOS」です。でも、これだと救難信号みたいなので、僕は「NEW大阪」の略で「NOS」と表記しています。

 この略記を使うと、画数の多い用語の飛び交う取材や会議の議事録をメモしたりするとき、作業が大幅に楽になります。また万が一、何の略か忘れてしまったときも、ローマ字から推測して思い出すことができます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



奥野宣之

1981年大阪府生まれ。同志社大学文学部でジャーナリズムを学んだあと、出版社、新聞社の記者を経て『情報は1冊のノートにまとめなさい』で著作デビュー。独自の情報整理術や知的生産術がビジネスパーソンを中心に支持を集め、第2弾『読書は1冊のノートにまとめなさい』、第3弾『人生は1冊のノートにまとめなさい』と合わせたシリーズは累計50万部を超えるベストセラーとなった。ジャーナリストの経験を活かし、ウェブや雑誌のライターとして活動するかたわら“ノート本作家”として、メディア出演・講演などでも活躍中。仕事に活かせるノートや文具の活用法、本とより深く付き合うための読書法、人生を充実させるライフログの技術、旅行や行楽を楽しむための旅ノート・散歩ノートの技術など、活動の幅は広い。趣味は古墳めぐりと自然観察。ついでに写真撮影。仕事だけでなく家庭や趣味でもノートを使いこなすライフスタイルは、NHKやTBSでも放送され反響を集めた。その他著書は『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』『知的生産ワークアウト』『「処方せん」的読書術』『新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方』など多数。

 


情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

累計50万部突破! 全面改訂したノート術の決定版。ノート術ブームを生んだ元祖が、誰でも今すぐ使える新手法を大幅増補して「完全版」として再登場。この連載では、『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』から一部を抜粋してご紹介します。

「情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」

⇒バックナンバー一覧