ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

コンプライアンス不況を回避せよ

消費者庁への天下りを許すな!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第9回】 2008年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 耐震偽装や食の安全問題などで企業のコンプライアンス(法令順守)が問われています。しかし最近では、同時に「コンプライアンス不況」という声も聞かれますね。コンプライアンスは本来は重要なことなのに、「それによって不況になる」というのは、どうしてでしょうか。そもそもこのフレーズ、今まであまり聞いたことがないですが。

竹中 「コンプライアンス不況」とは、実は私たち経済の専門家が作ったフレーズなんです。コンプライアンスは重要なことなので、反対する人はもちろんいません。ただし、コンプライアンスをうまくやらないと経済が大変なことになってしまいます。これはちゃんと議論すべきことです。

 法令順守は本来よいことですが、法令で規制が過度に強化されると、それを遵守するために企業活動が萎縮して、経済が停滞してしまいます。

 その代表的な例が、日本中を騒がせた耐震偽装事件をきっかけに2007年6月に施行された「改正建築基準法」による混乱です。新規住宅のチェックが厳しくなって建築確認の遅れが続出したため、住宅着工数が激減しました。着工数は昨年11月から回復していますが、いまだに施行前の水準には戻っていません。そのため建設業界では倒産が急増し、住宅と関係が深い耐久消費材の需要もひどく落ち込んでいます。

金商品法や貸金業法は
過剰規制で「不況の温床」に

上田 なるほど。しかし、耐震偽装の家なんかに誰も住みたくないですよ。基準を厳しくするのも仕方ないと思いますが。

竹中 もちろんそうですが、「やり方をきちんとしなくてはならない」ということです。極端な例を挙げれば、交通事故をゼロにするには、制限速度をゼロにしてしまうのが一番よい。でもそれは正しいやり方とは思えませんよね。それと同じことだと思うんです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧