ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社内政治の教科書
【第5回】 2014年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

セクショナリズムに陥った組織を生き抜く方法

1
nextpage

厳しい経済情勢のなか、「部署間対立」が激化する会社が増えている印象があります。そうした状況下では、課長にも多くのストレスがかかります。なかには、敵対する部署に精神的な圧迫を受けるケースも……。そんな事態を招かないために、絶対に押さえておくべきポイントがあります。

集団のなかでは、
必ず政治的闘争が起こる

 ビジネスマンにとってもっとも過酷なのは、社内の派閥どうしの関係が不健全な状況にあるときではないでしょうか。

 不健全な状況は、大きく2つに分かれます。まず、「派閥どうしが排他的な関係にある状態」。これは、相手の派閥を排斥しようという力が働き、水面下で闘争が起きている状態。

 もう一つが、「派閥どうしが敵対的な関係にある状態」。「排他的な状態」がエスカレートしてて、闘争状態が顕在化している状態を指します。

 会社がこのような状態に陥ったときに、どのように立ち振る舞うべきか、ビジネスマンは深刻な悩みに直面することになります。

 ただ、私は、あらゆる会社はこのような状態に陥る可能性を秘めていると考えています。人間の集団である会社では、必ず政治的闘争が起こりうると認識しておいたほうがいいと思うのです。

 なぜなら、会社はひとつの意思をもとに運営されなければならないからです。社内に複数の意思が存在するときには、必ずひとつの意思が優位に立ち、権力を掌握するまで闘争が繰り広げられます。それは、人間社会の宿命のようなものです。

 私が、それを実感した経験があります。

 リクルート時代に、起業支援の雑誌の編集長をしていたときのことです。当時、女性2人が共同経営で起業するケースが非常に多かったので、「女性が2人で会社をつくる」という特集を組んだことがあります。編集部で手分けをして、10社ほどの会社を取材。志を同じくする共同経営者の2人が生き生きと働く姿を写真に収め、希望に満ちた誌面をつくりました。

 しかし、その2年後──。
 追跡取材をした結果、驚くべき現実に直面しました。なんと、すべての会社で共同経営者の2人が袂を分かっていたのです。

 トップの2人は、初めは志を同じくしていたのかもしれませんが、そもそも違う人間です。2人がまったく同じ価値観・信条をもっているなどということはありまえません。事業を進めていくなかで、意見が食い違うことも当然あったに違いありません。

 それが、政治闘争に繋がっていきます。2人は自分の影響力を強めようと、スタッフたちをまとめて派閥をつくりはじめます。そして、勢力争いを展開。最終的に、どちらかを放逐するまで戦い続けたのです。

 1社や2社ではありません。すべての会社で、このようなことが起こったのです。いささかショックを受けましたが、私は、これが組織の現実なのだと受けとめざるをえませんでした。

 そもそも、「共同経営体制」は幻想なのだと思います。組織において、複数の者が対等に権力をもつなどということはありえません。権力は必ず集中します。そして、パワー・バランスが崩れたときには、権力をめぐる政治的闘争が必ず起きるのです。会社を生き抜くためには、その現実を冷徹に受け止めておくことが欠かせません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


社内政治の教科書

社内政治――。ネガティブな印象をもつ言葉ですが、実は「政治力」がなければ管理職は務まりません。どんなに優れたアイデアがあっても、組織を動かせなければ何ひとつ実現できないからです。部署間対立、横暴な上司、反抗的な部下……。こうした「現実」のなか社内政治を生き抜く鉄則を紹介します。

「社内政治の教科書」

⇒バックナンバー一覧