ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

東京ディズニー再開発が始動
OLCのしたたかな戦略

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 オリエンタルランド(OLC)は今後10年間で5000億円を投資し、東京ディズニーリゾートの大規模再開発に乗り出す。4000億円を投じ、東京ディズニーシー(TDS)やホテル、商業施設などを新設した以来の大掛かりなものだ。

今回の投資ではIT環境の再整備も行う。米国のパークのように、チケットがICリストバンドになる日も近いだろう
Photo by Toshiaki Usami

 東京ディズニーランド(TDL)では7エリアのうちの一つ、ファンタジーランドを約2倍の広さに拡張して刷新、TDSでも未利用地に新しいテーマのエリアを設ける。

 目下、業績は絶好調だ。当初はTDL30周年の反動減に加え、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンが「ハリー・ポッター」の新エリアを導入したことにより客離れが予想されていた。

 だが、そうした懸念を吹き飛ばし、2014年上期の入場者数は昨年同期に次ぐ高い水準で、売上高、営業利益とも通期業績予想を大きく上方修正した。

 これを追い風に導入する、新キャラクターにも期待がかかる。客足の減る冬季だが、年明けから大人気映画「アナと雪の女王」のスペシャルイベントがスタートする。

 また、一部アトラクションが“近未来”というエリアテーマにそぐわなくなりつつあるトゥモローランドでも、エリア裏手の広大な駐車場を立体化することで、再開発・拡張が進むとみられる。

次のページ>> 客単価の向上も狙う
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧