ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

「朝まで踊れるクラブ」の公認は
日本経済を押し上げるか(後編)

若者の消費拡大と眠らない都市の実現を

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第67回】 2014年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今の若者だって夜通し
みんなで騒ぐのは大好き

 政府による風俗営業法の改正案閣議決定によって、「クラブ」がようやく「朝まで踊ってよい場所」として営業が認められる見通しが立ちました(第66回参照)。この「クラブ解禁」は、日本経済にいったいどんな影響をもたらすでしょうか。

 端的には、モノを買わない「嫌消費世代」とか、リアルなコミュニケーションが苦手な「ネット世代」などといわれる今の若者たちが、もっと夜遊びすることで、アミューズメントやエンターテインメント、飲食……といったマーケットが活性化されるのではという期待が持たれます。

 しかし私は、今の若者をひとくくりに「嫌消費世代」「コミュニケーション下手」と決めつけることに抵抗があります。たまたま彼らが生まれた時代が、バブル崩壊後の不況であったり、ネットという新しいメディアが生まれたというだけであって、時代を問わず、若者なら誰しも、「理由はどうあれ、みんなで群れて騒ぐことは楽しい」という気持ちを持っているはずです。

 その象徴的な光景を、私は目の当たりにしました。

 10月31日の金曜日、私はこの日、マーケティング業界関係者が集まるハロウィンパーティーに出席すべく、20時頃、JR渋谷駅に降り立ちました。そこで遭遇したのが、テレビでもさかんに放映されていた、駅前の交差点やその近辺でのあの光景です。

 漫画のキャラクターに扮したり、特殊メークをほどこした大勢の若者たちでごった返す夜の渋谷駅前は、警視庁の機動隊が出動するほどの人出で、私は交差点の真ん中で、全く身動きがとれなくなりました。もはや、ハロウィンがそもそも欧米の秋の収穫祭であったり、アメリカでは子どもが主役だという話は、ここでは通用しません。

 パレードに参加したり、仮装パーティーに興じるのは20代と思しき若者たちが大半で、いつしか、「10月31日は、大人が仮装して酔っぱらうイベント」にすり替わった感すら覚えます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧