ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

やがて日本も…アジアに空前のカジノブーム到来
シンガポールでは客の圧倒的多数が大陸の中国人
――「マリーナ・ベイ・サンズ」カジノ見学記

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第161回】 2014年9月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
シンガポールを象徴するモニュメントとなって久しい「マリーナ・ベイ・サンズ」。カジノはその1階にあった Photo by Konatsu Himeda

 アジアでは空前のカジノブームが到来している。日本では「カジノ解禁法案」を継続審議中だが、いったいカジノとはどんな空間なのだろうか。筆者は今月、シンガポールを訪れた。

 シンガポールは建国以来40年近く賭博を禁止してきたが、2010年、ついに“禁断の”カジノが出現した。観光立国、アジアの国際ハブ空港、国際金融都市に続く、同国第4弾の切り札である。現在、シンガポールには2つのカジノがあるが、このおかげでシンガポール政府はだいぶ潤ったようだ。公式統計はないが、2013年には2つ合わせて60億米ドルの収入になったと言われている。

 チャンギ空港からタクシーに乗り込み、「マリーナ・ベイ・サンズ」へ向かった。今やシンガポールの一大観光スポットと化した、あの“三本柱に浮かぶ巨大戦艦”である。

 曇天にもかかわらず、湿度は異常に高く、着ていたシャツはすぐに汗でにじむ。タクシーの運転手は黒のハンチング帽をおしゃれにかぶった“紳士”だったが、長く伸びる小指の爪に「やはり彼も中華圏の人なんだな」と思わずにはいられなかった。片道30シンガポールドル(約2600円)、20分ほど走ったかと思うと、タクシーはマリーナ・ベイ・サンズのショッピング棟1階の車寄せに滑り込んだ。

 「あんたが言うカジノはここだよ」

 そう言って降ろされた真正面に、カジノの入口はあった。

 いきなり1階か、と内心その「敷居の低さ」に驚いた。てっきり55階建てのてっぺんの、それも奥まった一室にあるのだろうと踏んでいたからだ。タクシーから下車したすぐ真正面が賭博場であり、長い廊下もなければ、密室めいた薄暗い雰囲気もない。「外国人はこちら」と誘導された列に加わると、パスポートを2度チェックされただけで、すんなりと中に入ることができた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧